天井圏に大陰線がでたら、その後も売り圧力が続いて価格が下がることは多い

大陰線は強い売りサインです。

チャートの値動き

チャートはユーロドル、1時間足。価格は上下にゆられながら進んでいます。
大陰線は、価格が上昇しきった直後、あるいは、上昇して価格が一服するように落ち着いたときに出現しました(2つの青色の箇所)。いずれも大陰線が出た直後に、さらに大きく下降方向になだれ込んでいます。
価格は上下にゆられながら進んでいますが、上昇する際は徐々に切りあがっていき、下降する際は大陰線がでてさらに下降方向へ大きく向かっていることがわかります。

売買サイン

大陰線は、強い売りのサインです。どのくらいのサイズかは人によって判断が異なりますが、直近の中で、それまででていたローソク足と比べてサイズが大きく、チャートの中で特に目立つものが大陰線として当てはまります。今回は、直前のローソク足と比べてサイズが大きく目立つため、大陰線といっていいでしょう。場合によっては陰の丸坊主・陰の寄付き坊主や陰の寄付き坊主に当てはめることもできますが、今回はまとめて大陰線として取り上げます。
大陰線が出現するときは、相場の流れが大きく変わるときです。トレンド相場あるいはレンジ相場において、突然相場が逆方向あるいは一方方向に動き出し、大陰線を形成したとき、その後の流れも継続して下降する傾向はよくあります。価格が上昇し天井圏に入ったとき出現すれば、その可能性は高くなるでしょう。今回のチャートを見ると、その動きが見事に表現されているようです。
もしかしたら、天井圏で下降になるサインとして、上影陰線・トウバ、あるいは十字線・足長同事線といった「長い上ヒゲつきの陰線」を待っている時もあるかもしれません。しかし、それらは明示的には出現しないこともあります。これらのローソク足は、最終的に売り勢力が買い勢力を抑え込んでいることを示すため、その後のローソク足は下降方向へと向かうサインとして、よりはやく下降へのシグナルを見つけることができるローソク足です。しかし、そのサインを見つけることができなかったときは、既に下降方向へと流れていった後の大陰線を売りのサインとして使用するとよいでしょう。
大陰線は強い売り圧力がかかり、売り優勢の局面を作る大きなサインです。その後も売りの圧力は継続することも多くあります。

メンタル対策

大陰線がでたからといっても、それは一時的な下降で、すぐに大きく反発することもあるかもしれません。相場に100%はないことから、その可能性も捨てられません。
目当てとしているローソク足は、チャートの時間足によっては明示的に表れないこともあります。その場合はチャートの時間軸を変えてみると、他により明確なシグナルを見つけることができるかもしれません。より大きな時間軸から小さな時間軸までみることで、現在の状況をより的確に捉えることができるでしょう。ここで重要なことは、大きな時間軸の中に小さな時間軸が含まれるため、大きな時間軸を優先させたほうがリスクが少ないということです。1分足や5分足で逆張りトレードをしているときでさえも、より大きな時間軸のチャートを意識することは勝率向上に寄与します。
大きな時間軸で方向性を確認し、複数の時間軸で幾つかのサインを見つけることができたら、トレードの根拠が濃くなり、自信が深まるでしょう。

損切り位置

たとえすべての時間軸で確実ともいえるサインを見つけたとしても、必ず損切り位置は設定してください。今回のケースを参考にすれば、損切り位置は大陰線の高値になります。ただし、大きな時間足程価格幅が大きく表示されるため、その場合は損切り位置が遠すぎるかもしれません。このような場合は、大陰線の70%程度を目安に損切り位置を設定してください。目安以上になると、そのまま高値を突き抜けていってしまうこともあるためです。

ポイント

  • 大陰線は強い売りのサインで、その後も流れは下降になることがある
  • 「長い上ヒゲつきの陰線」が明示的にチャートに現れない時もある
  • 複数の時間軸でチャートを見て、複数のサインを確認すると勝率向上に寄与する
  • 損切り位置の幅が遠すぎる場合は、70%程度を目安に設定するという方法もある

チャートの画像

チャート画像は Meta Trader 4 から取得、必要に応じて編集しています。