天井圏に陰のコマ+上影陰線が出現した場合は、値動きの方向が転換するサインと捉えることができます。

チャートの値動き

チャートはポンドドルの4時間足。
全体の流れとして、価格は上昇方向に進み、天井圏にぶつかってそのまま反転し、下降に転じているのがわかります。
陰のコマ+上影陰線は、天井圏にて確認することができました(青色の箇所)。陰のコマ+上影陰線が確認できるまでは、価格は強い上昇を形成しており、連続した陽線の出現が目立っています。陰のコマ+上影陰線を確認した後は、価格はそれまでの上昇の流れ以上の力で下降の流れを形成し、大陰線にて急激な価格の下降を見せています。
以上から、最初に流れは上昇にありましたが、天井圏で上影陰線がでたことで流れが変わり、下降に転じていると読み取ることができます。

売買サイン

陰のコマは価格の迷いを表すサインです。今回はやや十字線にも見えるローソク足になっています(十字線は天井圏で確認できたら売りサインになります)。陰のコマだけでは迷いのため、そのままの流れを継承して上昇方向に進むことも考えられましたが、その次に上影陰線が登場しており、下降方向への転換を暗示しています。

天井圏で下影陰線が登場したら、売りサインとなります。今回の下影陰線は実体とヒゲが「1:2」の割合に近く、ヒゲが全体の3分の2は占めているので、売り圧力は強くなっていると捉えることができます。また、直前の陰のコマからの下影陰線という流れを見ることで、一旦値動きは迷いに入ったが、相場は下降方向へ準備を始めたと読むことができます。

それまでは上昇方向への圧力が強く、買い優勢が続いていましたので、上影陰線がでたと言えども実はダマシで、次のローソク足で上昇継続となることもあります。ただ、陰のコマ+上影陰線というローソク足をセットで捉え、この後は売り圧力が増大し売り優勢へと転ずる転換点の可能性を考慮することもできます。それまで連続した陽線がでていますが、だんだんと陽線の大きさも小さくなっていることを見ると、天井圏に差し掛かり売り優勢となる可能性も少なくないとも読み取れます。こういった動きを見ることで、それまで買いポジションを持っていた場合は、一部を決済するなどして相場の転換に備えるリスク回避の行動もとることができます。リアルタイムでチャートを見ている場合は、ローソク足の形成過程、いわゆるプライスアクションを見て、今後の売り圧力がどのくらい信用できるかみるのもいいでしょう。

まだ確信が持てない場合でも、流れが変わる可能性が少なくないのであれば、ローソク足を参考に損切り位置を設定して、売りポジションを持ったトレードもよいのではないでしょうか。

損切り位置

上影陰線がでてからは、高値をこえることはありませんでした。今回のケースを参考にすれば、上影陰線の高値近辺に損切り位置を設定するとよいことがわかります。

ポイント

  • 複数のローソク足をセットで捉えて動きを読むと、より正確に流れを読むことができるときもある
  • 天井圏で出現する陰のコマ+影陰線は、相場が反転する可能性を暗示している
  • 全体が上昇方向に流れていても、直前までの連続した陽線がだんだんと小さくなっている場合は、天井圏に差し掛かり売り圧力が増大している兆候と捉えることができる
  • 買い優勢の局面が続いても、いつかは相場は反転するため、そのきっかけをうまく掴むと、利益を拡大することに貢献できる
  • 天井圏に差し掛かり、根拠となるローソク足が出現した場合は、次の方向へ備えたポジション整理をするきっかけになる
  • 損切り位置は上影陰線の高値近辺になる

チャートの画像

チャート画像は Meta Trader 4 から取得、必要に応じて編集しています。

上影陰線・陰の大引け坊主は売りサインの1つです。

チャートの値動き

チャートはユーロドル、1分足。
最初はややレンジ状態が続き、連続した陽線がでて上昇したところで上影陰線が出現しました(1番目の青色の箇所)。その後連続した陰線に変わり、陰の大引け坊主が出現しました(2番目の青色の箇所)。
上影陰線の直前まではレンジからやや上昇に向かっていましたが、上影陰線の後は下降方向に向かっています。下降方向に向かっている過程の中で陰の大引け坊主が出現し、さらに下降方向へ価格は動いています。

売買サイン

天井圏の上影陰線は売りサインです。上影陰線を形成する前に価格がやや上昇過程にあります。直前のレンジ状態からみると、天井圏に近いともいえるでしょう。もっとも、さらに確認するならばより広範囲の時間でチャートを見ることも必要になりますが、今回は1分足のチャートですので、直前の値動きの範囲から一旦は天井圏と判断してもよいでしょう。さらに根拠を深めるには、より大きな時間足で全体の方向性やトレンドの確認を行ってください。

陰の大引け坊主は売りサインになります。今回は天井圏に近い位置での出現になりますが、その前にでていた上影陰線とあわせて考えると、より売り圧力が強まっていると判断できます。上影陰線だけでは一旦下降に転じると予測はできますが、直前のレンジ範囲の下値付近でとまってしまう可能性もありますが、陰の大引け坊主が出現したことで、売り勢力が優勢になっている局面と考えて、直前のレンジ範囲の下値を割って下降方向へ進む可能性が強いことを考慮できます。

以上の2つのローソク足をなぞることで、下降方向への圧力が強く、少なくともレンジ範囲の下値で保有ポジションの一部を決済するなどの対策を検討することができます。なお、今回は短い時間足のチャートで見ていますので、トレードスタイルはスキャルピングが適切です。短い時間足では局面がすぐに変わる場合もあります。1分足から根拠を探してポジションを持つときは、数秒から数分程度保有するようにしてください。

損切り位置

今回のケースを参考にすれば、上影陰線の高値近辺に損切り位置を設定するのがよいでしょう。また、陰の大引け坊主が出現した後は、陰の大引け坊主の高値近辺に逆指を設定することで、一部の利益を確保できます。

ポイント

  • 天井圏付近の上影陰線は売りサインとなる
  • 上影陰線の後に陰の大引け坊主が出現したら、売り圧力が強まっていると考える
  • 短い時間足を根拠にトレードするときは、保有ポジションを長時間に渡り持たない方がよい
  • 損切り位置を設定するのは当然だが、利益が残る範囲で逆指を設定するとよい

チャートの画像

チャート画像は Meta Trader 4 から取得、必要に応じて編集しています。

大陰線は強い売りサインです。

チャートの値動き

チャートはユーロドル、1時間足。価格は上下にゆられながら進んでいます。
大陰線は、価格が上昇しきった直後、あるいは、上昇して価格が一服するように落ち着いたときに出現しました(2つの青色の箇所)。いずれも大陰線が出た直後に、さらに大きく下降方向になだれ込んでいます。
価格は上下にゆられながら進んでいますが、上昇する際は徐々に切りあがっていき、下降する際は大陰線がでてさらに下降方向へ大きく向かっていることがわかります。

売買サイン

大陰線は、強い売りのサインです。どのくらいのサイズかは人によって判断が異なりますが、直近の中で、それまででていたローソク足と比べてサイズが大きく、チャートの中で特に目立つものが大陰線として当てはまります。今回は、直前のローソク足と比べてサイズが大きく目立つため、大陰線といっていいでしょう。場合によっては陰の丸坊主・陰の寄付き坊主や陰の寄付き坊主に当てはめることもできますが、今回はまとめて大陰線として取り上げます。
大陰線が出現するときは、相場の流れが大きく変わるときです。トレンド相場あるいはレンジ相場において、突然相場が逆方向あるいは一方方向に動き出し、大陰線を形成したとき、その後の流れも継続して下降する傾向はよくあります。価格が上昇し天井圏に入ったとき出現すれば、その可能性は高くなるでしょう。今回のチャートを見ると、その動きが見事に表現されているようです。
もしかしたら、天井圏で下降になるサインとして、上影陰線・トウバ、あるいは十字線・足長同事線といった「長い上ヒゲつきの陰線」を待っている時もあるかもしれません。しかし、それらは明示的には出現しないこともあります。これらのローソク足は、最終的に売り勢力が買い勢力を抑え込んでいることを示すため、その後のローソク足は下降方向へと向かうサインとして、よりはやく下降へのシグナルを見つけることができるローソク足です。しかし、そのサインを見つけることができなかったときは、既に下降方向へと流れていった後の大陰線を売りのサインとして使用するとよいでしょう。
大陰線は強い売り圧力がかかり、売り優勢の局面を作る大きなサインです。その後も売りの圧力は継続することも多くあります。

メンタル対策

大陰線がでたからといっても、それは一時的な下降で、すぐに大きく反発することもあるかもしれません。相場に100%はないことから、その可能性も捨てられません。
目当てとしているローソク足は、チャートの時間足によっては明示的に表れないこともあります。その場合はチャートの時間軸を変えてみると、他により明確なシグナルを見つけることができるかもしれません。より大きな時間軸から小さな時間軸までみることで、現在の状況をより的確に捉えることができるでしょう。ここで重要なことは、大きな時間軸の中に小さな時間軸が含まれるため、大きな時間軸を優先させたほうがリスクが少ないということです。1分足や5分足で逆張りトレードをしているときでさえも、より大きな時間軸のチャートを意識することは勝率向上に寄与します。
大きな時間軸で方向性を確認し、複数の時間軸で幾つかのサインを見つけることができたら、トレードの根拠が濃くなり、自信が深まるでしょう。

損切り位置

たとえすべての時間軸で確実ともいえるサインを見つけたとしても、必ず損切り位置は設定してください。今回のケースを参考にすれば、損切り位置は大陰線の高値になります。ただし、大きな時間足程価格幅が大きく表示されるため、その場合は損切り位置が遠すぎるかもしれません。このような場合は、大陰線の70%程度を目安に損切り位置を設定してください。目安以上になると、そのまま高値を突き抜けていってしまうこともあるためです。

ポイント

  • 大陰線は強い売りのサインで、その後も流れは下降になることがある
  • 「長い上ヒゲつきの陰線」が明示的にチャートに現れない時もある
  • 複数の時間軸でチャートを見て、複数のサインを確認すると勝率向上に寄与する
  • 損切り位置の幅が遠すぎる場合は、70%程度を目安に設定するという方法もある

チャートの画像

チャート画像は Meta Trader 4 から取得、必要に応じて編集しています。

足長同事線は、継続にも反転にもなります。

チャートの値動き

チャートはユーロドルの1時間足。全体としては急激ではないものの緩やかな上昇トレンドといえる値動きです。
上昇途中、足長同事線が出現しました(1番目の青色の箇所)。その後、価格はさらに上昇しました。次に天井圏で足長同事線が出現しました(2番目の青色の箇所)。その後、価格は下降しました。
このことから、価格は大きく上下に振られながら進む中で、足長同事線で上昇し、また、足長同事線で下降にもなったことがわかります。

売買サイン

足長同事線は、流れが「継続」するか「反転」するかの重要なポイントになります。足長同事線が出現した場合は、流れが変わる可能性があります。今回の2つの足長同事線は、どちらも十分に上下のヒゲが長いため、買いと売りの攻防が十分にあったことが伺えます。
天井圏では「反転」するサインとなるのでわかりやすいものの、”天井圏に近い”場合はどのように判断すればよいか迷うこともあるかもしれません。これは、1本のラインをひくだけで解決します。
チャートには、直近の高値に1本のラインを引いてあります(赤色のライン)。これはレジスタンスラインです。足長同事線がこのレジスタンスラインの上か下かで、「継続」か「反転」かを判断します。足長同事線がレジスタンスラインの下にある場合は「継続」、足長同事線がレジスタンスラインの上にある場合は「反転」です。1本のレジスタンスラインをひくことで、天井圏かどうかがわかりやすくなり、足長同事線のサインも判別できます。
また、違った角度からも検証してみましょう。1番目の足長同事線と2番目の足長同事線の「ヒゲ」を見比べてください。1番目の足長同事線は上下のヒゲの長さがやや同じに見えますが、2番目の足長同事線は上ヒゲが下ヒゲより長くなっているのがわかるでしょうか。つまり、天井圏の足長同事線は、上値が重く売り圧力がかかるため、上下のヒゲの長さにはっきり違いがでたということです。天井圏で常にこのような上下のヒゲの差異が出るとは限りませんが、より売り圧力がかかるため、そのような傾向があるのは確かです。
足長同事線がでた場合に判断が迷う場合は、直前の高値はどこにあるか意識しながら見ていくとよいでしょう。

損切り位置

今回のケースを参考すると、足長同事線の安値または高値近辺になります。

ポイント

  • 足長同事線は天井圏では売りサインとなる
  • しかし天井圏ではない場合、相場の流れが「継続」することもある
  • 1本のレジスタンスラインをひくことで簡単に見分けられる
  • ヒゲの長さを見比べて信頼度を高めることもできる
  • 損切り位置は安値または高値の近辺になる

チャートの画像

チャート画像は Meta Trader 4 から取得、必要に応じて編集しています。

上値を試す下影陰線は買いサインです。

チャートの値動き

チャートはドル円、4時間足。
全体的に大きな上昇の流れがあり、レジスタンスライン(赤色の線)を超えるか試す展開が続いた後、ブレイクアウトしてさらに上昇継続となっているのがわかります。
下影陰線は、レジスタンスラインをブレイクアウトするかどうか試す展開の中で登場しました(青色の箇所)。下影陰線の直前までは上値を試して一度超えることができず、反発下降しています。しかしすぐに買い圧力がかかり、もう一度上値を試すところで下影陰線が出現しています。下影陰線が出現した後、レジスタンスラインをブレイクアウトして、一気に上昇しています。
以上から、最初に上昇の流れがありましたが、上値の抵抗にあい失速、しかし下影陰線がでたことで勢いが強くなり、上昇継続となったと読み取ることができます。

売買サイン

下影陰線は買いサインの1つです。下影陰線を底値で観測することができれば、その後、相場の流れが反転する可能性があります。今回の下影陰線の実体は小さく、下ヒゲは実体の6~7倍はありますので、強い買いサインと捉えることができます。底値で出たわけではありませんが、もともと大きな流れが上昇で、レジスタンスラインを超えるかどうかを試している展開でした。そのため、
(1)大きな流れが上昇で、
(2)何度も上値を試そうとしていた、
(3)そこで強い下影陰線がでた
この3点から、やはり上昇継続する余地の方が大きいだろうと考えることができます。
底値で下影陰線を観測することができればさらに信頼度は高まりますが、底値かどうかは絶対条件ではありません。全体的な流れが上昇で、強い買いサインが登場したと考えれば、買い優勢だろうという判断につなげることができます。

メンタル対策

レジスタンスラインを超えると、それまでの買いと売りの均衡が崩れて、買い圧力が一気に増大し、短い時間で瞬発上昇する場面は多くあります。何度も上値を試す展開が続いていればいるほどその傾向があるため、レジスタンスラインを超える場面は、大きく稼げる場面になります。
しかし、レジスタンスラインでもみ合っていると、もしかしたら上値を超えないかもしれないと不安になることもあります。直前まで強い上昇の流れにあるのですが、上昇であったからこそ、そろそろ下がるかもしれないという不安が芽生えてくるかもしれません。同じことを考えているトレーダーも少なくないため、レジスタンスライン近辺では買いと売りの攻防が続きます。
熱くなりそうなときこそ落ち着いて、ローソク足の買いサイン・売りサインに着目してください。大きな流れが上昇であり、下影陰線は買いサインの1つです。買い優勢の場面で売り優勢になるには、相当の売り圧力が必要になります。下影陰線の形状をみて、下ヒゲが実体と比べて相当に大きいときは、基本的には買い圧力がやはり優勢であると考えてください。

損切り位置

買い優勢と判断しても、万が一に備えた対策をしなくていいわけではありません。買いサインの可能性がどんなに高くても、次の瞬間反発して大きく下げたり、徐々に売り圧力が回復していくことも十分に考られます。そのため、無理して大きなポジションを持たないなど、余裕を持ったポジションサイズの調整が必要です。
エントリーと同時に損切り位置も必ず設定しましょう。今回のケースを参考にするなら、下影陰線の安値が損切り位置になるでしょう。

ポイント

  • 大きな流れが上昇にあり、上値を何度も試しているとき、強い下影陰線がでたら、その後も上昇継続の可能性がある
  • 下影陰線が底値にでているかどうかは絶対条件ではない
  • レジスタンスラインを超えてきたら、その後一気に上昇する可能性がある
  • たとえ買いサインの可能性がどんなに高くても、万が一を考慮したポジションサイズに調整すること
  • 損切り位置は下影陰線の安値で設定しておく

チャートの画像

チャート画像は Meta Trader 4 から取得、必要に応じて編集しています。

変更履歴

2018年5月20日 記事構成の修正、見出しの設定、内容の書き直し
2018年5月23日 見出しの修正、売買サインにローソク足の画像を追加
2018年5月27日 チャート画像の差し替え