天井圏に陰のコマ+上影陰線が出現した場合は、値動きの方向が転換するサインと捉えることができます。

チャートの値動き

チャートはポンドドルの4時間足。
全体の流れとして、価格は上昇方向に進み、天井圏にぶつかってそのまま反転し、下降に転じているのがわかります。
陰のコマ+上影陰線は、天井圏にて確認することができました(青色の箇所)。陰のコマ+上影陰線が確認できるまでは、価格は強い上昇を形成しており、連続した陽線の出現が目立っています。陰のコマ+上影陰線を確認した後は、価格はそれまでの上昇の流れ以上の力で下降の流れを形成し、大陰線にて急激な価格の下降を見せています。
以上から、最初に流れは上昇にありましたが、天井圏で上影陰線がでたことで流れが変わり、下降に転じていると読み取ることができます。

売買サイン

陰のコマは価格の迷いを表すサインです。今回はやや十字線にも見えるローソク足になっています(十字線は天井圏で確認できたら売りサインになります)。陰のコマだけでは迷いのため、そのままの流れを継承して上昇方向に進むことも考えられましたが、その次に上影陰線が登場しており、下降方向への転換を暗示しています。

天井圏で下影陰線が登場したら、売りサインとなります。今回の下影陰線は実体とヒゲが「1:2」の割合に近く、ヒゲが全体の3分の2は占めているので、売り圧力は強くなっていると捉えることができます。また、直前の陰のコマからの下影陰線という流れを見ることで、一旦値動きは迷いに入ったが、相場は下降方向へ準備を始めたと読むことができます。

それまでは上昇方向への圧力が強く、買い優勢が続いていましたので、上影陰線がでたと言えども実はダマシで、次のローソク足で上昇継続となることもあります。ただ、陰のコマ+上影陰線というローソク足をセットで捉え、この後は売り圧力が増大し売り優勢へと転ずる転換点の可能性を考慮することもできます。それまで連続した陽線がでていますが、だんだんと陽線の大きさも小さくなっていることを見ると、天井圏に差し掛かり売り優勢となる可能性も少なくないとも読み取れます。こういった動きを見ることで、それまで買いポジションを持っていた場合は、一部を決済するなどして相場の転換に備えるリスク回避の行動もとることができます。リアルタイムでチャートを見ている場合は、ローソク足の形成過程、いわゆるプライスアクションを見て、今後の売り圧力がどのくらい信用できるかみるのもいいでしょう。

まだ確信が持てない場合でも、流れが変わる可能性が少なくないのであれば、ローソク足を参考に損切り位置を設定して、売りポジションを持ったトレードもよいのではないでしょうか。

損切り位置

上影陰線がでてからは、高値をこえることはありませんでした。今回のケースを参考にすれば、上影陰線の高値近辺に損切り位置を設定するとよいことがわかります。

ポイント

  • 複数のローソク足をセットで捉えて動きを読むと、より正確に流れを読むことができるときもある
  • 天井圏で出現する陰のコマ+影陰線は、相場が反転する可能性を暗示している
  • 全体が上昇方向に流れていても、直前までの連続した陽線がだんだんと小さくなっている場合は、天井圏に差し掛かり売り圧力が増大している兆候と捉えることができる
  • 買い優勢の局面が続いても、いつかは相場は反転するため、そのきっかけをうまく掴むと、利益を拡大することに貢献できる
  • 天井圏に差し掛かり、根拠となるローソク足が出現した場合は、次の方向へ備えたポジション整理をするきっかけになる
  • 損切り位置は上影陰線の高値近辺になる

チャートの画像

チャート画像は Meta Trader 4 から取得、必要に応じて編集しています。

足長同事線は相場の転換点のサインです。

チャートの値動き

チャートはユーロドルの4時間足。
全体の流れとして、下降の流れから底値で反発上昇し、その後また下降の流れに戻っているのがわかります。
下降の流れにあるとき、底値で下影陽線(下影陰線にも見えますが、拡大するとやや上昇しているため、ここでは下影陽線と記述します)が出現しています(1番目の青色の箇所)。下影陽線がでてから、流れは反発して上昇になりました。上昇中の流れにあるとき、足長同事線が出現しています(2番目の青色の箇所)。足長同事線がでてから、反発上昇が終わり、もとの下降の流れに戻りました。
以上から、最初に流れは下降にありましたが、底値の下影陽線、上昇中の足長同事線のタイミングで流れが変わり、下降~上昇~さらに下降となったと読み取ることができます。

売買サイン

足長同事線は、相場の転換点として注意されるものです。同事線(同時線)ともいいます。足長同事線が確認できた場合は、直前までの相場の流れが変わる可能性があります。今回の足長同事線は上昇の流れで登場したため、この後に下降する可能性を示した売りサインとなります。
足長同事線が出る前に、底値で下影陽線がでていますが、これは買いサインの1つです。買いサインの下影陽線がでて上昇し、売りサインの足長同事線がでて下降したと考えれば、非常にわかりやすい展開であったといえます。下影陽線をきっかけに上昇に転じて、そのまま上昇継続となる可能性もないことはありませんが、足長同事線がでた場合は一度買い圧力が一旦は落ち着いたとみるべきです。
このような場合に限りませんが、より大きな視点で相場の勢いがどちらにあるかをみておくと、より判断しやすいです。最初から強い下降の勢いがあるため、最終的には下降に戻る余地があります。そのタイミングを知る為に、足長同事線を待つのは有効な対策です。

メンタル対策

足長同事線に注意することで、相場の転換点を判断することができます。足長同事線は直前の流れが変わるタイミングで出ることはよくあります。転換点を確認できれば、大きく稼ぐチャンスが生まれます。
今回のチャートでは、底値の下影陽線、反発上昇してからの足長同事線、の2つでエントリータイミングが生まれます。最初の下影陽線で買いのポジションを持つことができたら、次は、売りサインが出るのを待つことです。足長同事線がでたら相場の流れが変わる可能性を示唆しているので、一旦ポジションを利確しておいた方がよいでしょう。
もし、足長同事線だけでは本当に相場の流れが変わったか判断ができない場合、大きな大陰線が登場するまで待ってもいいでしょう。大陽線または大陰線がでるときは、流れが変わるときでもあるからです。全体的に下降の流れであるならば、下降になったと十分に判断できてからエントリーしても遅くはありません。

損切り位置

今回の足長同事線のケースを参考にすれば、損切り位置は足長同事線の高値から若干余裕を持たせた方がよいとなるでしょう。足長同事線の次にでた陰線の高値が、足長同事線の高値を超えているからです。最終的に終値は足長同事線の終値より下回っていますので、今回の足長同事線は売りサインとする判断は正しいのですが、足長同事線の次のローソク足で価格の変動が大きかったため、終値が確定する前にポジションがきられてしまいます。
それでも、やはり足長同事線の高値近辺に損切り位置を設定しておいて、きられるときは、きられてしまった方がいいでしょう。損切りは利益を伸ばすためにあるのではなく、資金を守るためにあるものです。絶対に損切りを発生させたくないと言って、損切り位置の幅をあまりにもとりすぎると、その他の場面で損切りに対する考えに影響を与えてしまうことがあるかもしれません。ある一定のルールを守ることは大切です。一度決めた損切り位置は絶対に動かしてはいけません。
エントリー後に、価格変動が大きすぎてポジションがきられてしまったら、当初の予測は外れたことを素直に認めましょう。もう一度ローソク足を見て、まだ売りサインが有効であると考えることができるなら、改めてエントリーし直すといった方が、最終的には資金を守ることもでき、健全です。

ポイント

  • 足長同事線は相場の転換線として注意される
  • 足長同事線だけで判断できない場合は、大陽線または大陰線の登場を待つ
  • 損切りは利益を伸ばすためにあるのではなく、資金を守るためにある
  • エントリーしてから、損切り位置を動かすことは絶対にしてはいけない

チャートの画像

チャート画像は Meta Trader 4 から取得、必要に応じて編集しています。

変更履歴

2018年5月20日 記事構成の修正、見出しの設定、内容の書き直し
2018年5月23日 見出しの修正、売買サインにローソク足の画像を追加
2018年5月27日 チャート画像の差し替え