大陰線の後は、下降が続きます。

チャートの値動き

チャートはユーロドル、1時間足から。
小陽線・小陰線を出しながら価格はやや上昇したところで、大陰線を出して一気に下降しました(1番目の青色の箇所)。その後、連続した小陽線、陰線などが現れて価格が落ち着いた矢先、もう一度大陰線を出して一気に下降しました(2番目の青色の箇所)。
全体的に小陽線と小陰線を出しながらやや上昇したところで、大陰線がでて一気に下げるという流れを確認できます。

売買サイン

大陰線は天井圏で出現すると大きな下降のサインとなります。大陰線のサイズは決まっていませんが、直前まででているローソク足と比べて、長さが特に大きいものが当てはまります。
天井圏の大陰線は大きなシグナルになりますが、天井圏ではなくても、大陰線後は売り圧力がしばらくは続くこともよくあります。今回の売買サインは、「大陰線を確認することができたら、その後下降になる傾向がある」ということがわかる例です。大陰線がでたら、次の数個程度のローソク足はしばらく売り圧力が継続する傾向が読み取れます。
必ずしもそうなるとは限らず、これだけで強い信頼が得られるサインではないものの、大陰線は売り圧力が非常に強いということを知ることができるローソク足であることは間違いありません。実際トレードに使用するには、全体の流れが下降トレンドにあるかどうかをチェックするとよいでしょう。下降トレンド、天井圏、大陰線と揃えば、非常に大きな売り優勢であり、その際の大陰線は大きなシグナルとして意味を持ちます。

損切り位置

今回のケースを参考にすれば、損切り位置は大陰線の高値近辺になります。

ポイント

  • 大陰線がでたらしばらくは売り圧力が続いて価格が下がる、というのはパターンとして読み取れる
  • ただし、大陰線だけで売買サインを判断することは信頼性に欠ける場面もある
  • そのため、下降トレンド、天井圏などをよく注意して、どこで大陰線がでたかを見るとよい
  • 損切り位置は大陰線の高値近辺となる

チャートの画像

チャート画像は Meta Trader 4 から取得、必要に応じて編集しています。

上影陽線は売りサインの1つです。チャートはユーロドル、4時間足から。

チャートの値動き

チャートの先頭からみると、下降の流れがあり、一度反発して上昇し、その後また下降(赤色の矢印)となっています。
また下降(赤色の矢印)する中で、「上影陽線がでたあと、大陰線」というパターンを3回観測しています(3つの青色の箇所)。
チャート全体をみると、一度反発上昇はあったものの、大きな下降の流れ(緑の矢印)の中にあることがわかります。

売買サイン

上影陽線は売りサインの1つです。このローソク足がでたら下降の可能性を考慮しなければなりません。全体的に下降の勢いがある中での上影陽線のため、売りサインの信頼性は高いものと言えるでしょう。

上影陽線のあとの大陰線で、上昇した流れを1回で押し戻し、続く2回でさらに下降圧力をかけています。これが短い期間で続いていますので、非常に強い売り圧力があることがわかります。
ただし、もし反発上昇中での上影陽線であれば、売りサインの信頼性を疑うことも必要です。相場全体の流れが上昇・下降のどちらにあるかをみると、判断しやすくなります。

メンタル対策

大きな下降の流れがある中で上影陽線がでたら、売りポジションを持つことで大きく稼ぐチャンスがあります。同じパターンが何度も出現すれば、期待度が高まり大きなポジションを持とうとするかもしれません。
しかし、大きなポジションを持った途端、期待が外れて反対の方向に流れてしまうこともあります。わかりやすい局面であっても、ポジションサイズを大きくせず、いつもと同じように適切なサイズを守るようにしましょう。

損切り位置

相場に確実はないため、常にダマシの可能性を考慮して、必ず損切り位置を設定しておきましょう。
今回のケースを参考にするなら、上影陽線の高値近辺が損切り位置となるでしょう。

ポイント

  • 全体的に大きな流れが、上昇か下降どちらにあるかを把握しておくこと
  • 下降の流れの時に、上影陽線がでたら売りサインの可能性がある
  • そのまま上影陽線からの大陰線というパターンが続いたら、全体的に売り圧力が強い局面にある
  • ダマシの可能性を考慮して、損切り位置は上影陽線の高値近辺で設定しておく

チャートの画像

チャート画像は Meta Trader 4 から取得、必要に応じて編集しています。

変更履歴

2018年5月20日 記事構成の修正、見出しの設定、内容の書き直し
2018年5月23日 見出しの修正、売買サインにローソク足の画像を追加
2018年5月27日 チャート画像の差し替え