上影陰線・陰の大引け坊主は売りサインの1つです。

チャートの値動き

チャートはユーロドル、1分足。
最初はややレンジ状態が続き、連続した陽線がでて上昇したところで上影陰線が出現しました(1番目の青色の箇所)。その後連続した陰線に変わり、陰の大引け坊主が出現しました(2番目の青色の箇所)。
上影陰線の直前まではレンジからやや上昇に向かっていましたが、上影陰線の後は下降方向に向かっています。下降方向に向かっている過程の中で陰の大引け坊主が出現し、さらに下降方向へ価格は動いています。

売買サイン

天井圏の上影陰線は売りサインです。上影陰線を形成する前に価格がやや上昇過程にあります。直前のレンジ状態からみると、天井圏に近いともいえるでしょう。もっとも、さらに確認するならばより広範囲の時間でチャートを見ることも必要になりますが、今回は1分足のチャートですので、直前の値動きの範囲から一旦は天井圏と判断してもよいでしょう。さらに根拠を深めるには、より大きな時間足で全体の方向性やトレンドの確認を行ってください。

陰の大引け坊主は売りサインになります。今回は天井圏に近い位置での出現になりますが、その前にでていた上影陰線とあわせて考えると、より売り圧力が強まっていると判断できます。上影陰線だけでは一旦下降に転じると予測はできますが、直前のレンジ範囲の下値付近でとまってしまう可能性もありますが、陰の大引け坊主が出現したことで、売り勢力が優勢になっている局面と考えて、直前のレンジ範囲の下値を割って下降方向へ進む可能性が強いことを考慮できます。

以上の2つのローソク足をなぞることで、下降方向への圧力が強く、少なくともレンジ範囲の下値で保有ポジションの一部を決済するなどの対策を検討することができます。なお、今回は短い時間足のチャートで見ていますので、トレードスタイルはスキャルピングが適切です。短い時間足では局面がすぐに変わる場合もあります。1分足から根拠を探してポジションを持つときは、数秒から数分程度保有するようにしてください。

損切り位置

今回のケースを参考にすれば、上影陰線の高値近辺に損切り位置を設定するのがよいでしょう。また、陰の大引け坊主が出現した後は、陰の大引け坊主の高値近辺に逆指を設定することで、一部の利益を確保できます。

ポイント

  • 天井圏付近の上影陰線は売りサインとなる
  • 上影陰線の後に陰の大引け坊主が出現したら、売り圧力が強まっていると考える
  • 短い時間足を根拠にトレードするときは、保有ポジションを長時間に渡り持たない方がよい
  • 損切り位置を設定するのは当然だが、利益が残る範囲で逆指を設定するとよい

チャートの画像

チャート画像は Meta Trader 4 から取得、必要に応じて編集しています。

底値圏で確認できる下影陰線は買いサインになります。

チャートの値動き

チャートはユーロドル、1分足。
全体の流れとして、最初に下降方向に進み、底値を試す展開があり、その後急激に上昇し、再度下降に向かっているのがわかります。
下影陰線は、底値を試す展開の中で出現しました。底値を試す展開では上下にぶれていますが、下影陰線の安値を割ることはありませんでした。
下影陰線が出現した後は、上昇に転じ、また下降に戻っています。
以上から、最初に流れは下降にありましたが、底値で下影陰線がでたことで流れが変わり、上昇に転じ、やや上がったところで下降に戻っていると読み取ることができます。

売買サイン

底値圏で出現する下影陰線は買いサインになります。下影陰線が底値で確認できた場合は、相場の流れが変わり、その後上昇する可能性が高くなります。今回の下影陰線は実体がとても小さく、下ヒゲがとても長いため、強い買いのサインと捉えていいでしょう。
下影陰線の後は、相場に対して上昇方向への圧力が加わります。それまで下降の流れにあったため、下降を打ち消すほどの強い圧力です。ただ、強い買いのサインではありますが、もともと相場は下降方向に動いていたため、その後相場が反転して長期的に上昇するとは限りません。下影陰線によってその後一時的な反発もありえるという判断が妥当です。また、1分足でのサインのため、流れは非常に変わりやすいことにも注意が必要です。
底値圏で下ヒゲの長い下影陰線を確認した場合は、その直後に売りポジションを持つことは控え、一時的な上昇に備えるか、一旦流れが元に戻るまで待機したほうが良いでしょう。

損切り位置

今回のケースを参考にすれば、損切り位置は下影陰線の安値近辺になります。

ポイント

  • 底値圏で確認できる下影陰線は買いのサインになる
  • 相場全体に下降圧力があるときは、底値圏で下影陰線がでても、一時的な上昇と捉える
  • 短い時間足でのスキャルピングでは有効だが、すぐに流れが元に戻ることも忘れてはいけない

チャートの画像

チャート画像は Meta Trader 4 から取得、必要に応じて編集しています。

上影陽線は売りサインの1つです。

チャートの値動き

チャートはユーロドル、1分足。
価格はレンジ状態を作りながら進み、やや上昇し、その後大きく下降しています。
上影陽線は、大きく下降する前にやや上昇したところで出現しました(青色の箇所)。上影陽線が出現する前はレンジ相場からやや上昇方向に流れていく素振りをみせていますが、上影陽線が出現してからは、下降方向に進んでいます(赤色の矢印)。

売買サイン

上影陽線は、天井圏で出現すると売りのサインになります。今回の上影陽線の実態は小さく、上ヒゲも十分にのびています。実体の長さと比べて5倍も6倍も上ヒゲが長い時は、売りのサインは特に強くなります。
1分足では流れがはやいため、瞬時の判断が必要になります。スキャルピングなどで少しでも利幅を得ようと考えた場合は、今回のようなローソク足を注視した動きの読みが役に立ちます。ローソク足のサインを読み取ることで、利益になりやすい状況を予測でき、ポジションを持つことも可能になります。ローソク足のサインを見る方法は、順張り・逆張りどちらにも適用できます。
チャートでは上影陽線の直前にやや上昇していく素振りもありますが、その後すぐに下降するというダマシのような動きがみられます。この時、ローソク足が上昇方向に流れているからという理由だけで買いポジションをもっていたら、結果損失を出してしまっていたかもしれません。流れについていくことは大事ですが、それだけでは短い時間足のチャートを見て戦うには不十分です。十分な根拠となるローソク足が出るまで待つという行動が命運を分けることもあるでしょう。

損切り位置

短い時間足といえども、もちろん損切り位置の設定は必要です。スキャルピングの場合でも、エントリーと同時に損切り位置を設定できるようにしておきましょう。
今回のケースを参考にすれば、損切り位置は上影陽線の高値近辺となるでしょう。

ポイント

  • 実体の長さと比べて5倍も6倍も上ヒゲが長い時は、売りのサインは特に強くなる
  • スキャルピングで使用するときは、根拠となるローソク足が出現するまで待つ、という行動も必要

チャートの画像

チャート画像は Meta Trader 4 から取得、必要に応じて編集しています。