天井圏で陰のコマが出現し迷いを見せた後、上影陰線が登場したら、転換の売りサインとなる

天井圏に陰のコマ+上影陰線が出現した場合は、値動きの方向が転換するサインと捉えることができます。 チャートの値動き チャートはポンドドルの4時間足。 全体の流れとして、価格は上昇方向に進み、天井圏にぶつかってそのまま反転 … “天井圏で陰のコマが出現し迷いを見せた後、上影陰線が登場したら、転換の売りサインとなる”の続きを読む

異常な相場もまた相場であり、いずれ修正されるため、待つことも必要になる

超陽の寄付き坊主のあと、超陰の大引け坊主が出現。急激に上昇し、急激に下降する極端な例です。 チャートの値動き チャートはユーロドルの4時間足から。 先頭から見ると、上昇の流れにありながらやや下降に入ったところで、超陽の寄 … “異常な相場もまた相場であり、いずれ修正されるため、待つことも必要になる”の続きを読む

大きな流れが上昇の時、上影陽線がでたら一時的な反発下降になる可能性を考慮する

上影陽線は売りサインの1つです。 チャートの値動き チャートはドル円、4時間足から。チャートを見ると、価格は上昇・下降しながらも、全体としては上昇方向(緑の矢印)に進んでいます。 上影陽線は、一時的に反発下降(赤の矢印) … “大きな流れが上昇の時、上影陽線がでたら一時的な反発下降になる可能性を考慮する”の続きを読む

大きな下降の流れがある時、上影陽線の後に大陰線というパターンを期待できる

上影陽線は売りサインの1つです。チャートはユーロドル、4時間足から。 チャートの値動き チャートの先頭からみると、下降の流れがあり、一度反発して上昇し、その後また下降(赤色の矢印)となっています。 また下降(赤色の矢印) … “大きな下降の流れがある時、上影陽線の後に大陰線というパターンを期待できる”の続きを読む

足長同事線は相場の転換点として捉えることができる

足長同事線は相場の転換点のサインです。 チャートの値動き チャートはユーロドルの4時間足。 全体の流れとして、下降の流れから底値で反発上昇し、その後また下降の流れに戻っているのがわかります。 下降の流れにあるとき、底値で … “足長同事線は相場の転換点として捉えることができる”の続きを読む

大きな流れが上昇の時、何度も上値を試す展開で強い下影陰線がでたら、買いサインの可能性がある

上値を試す下影陰線は買いサインです。 チャートの値動き チャートはドル円、4時間足。 全体的に大きな上昇の流れがあり、レジスタンスライン(赤色の線)を超えるか試す展開が続いた後、ブレイクアウトしてさらに上昇継続となってい … “大きな流れが上昇の時、何度も上値を試す展開で強い下影陰線がでたら、買いサインの可能性がある”の続きを読む

底値で下影陽線がでたら、その後上昇する可能性が高い

底値圏の下影陰線は買いサインの1つです。 チャートの値動き チャートはユーロドル、4時間足から。広範囲のチャートはこちら。 全体の流れとして、価格は下降に進み、底値を試す展開が続いた後、上昇に転じていることがわかります。 … “底値で下影陽線がでたら、その後上昇する可能性が高い”の続きを読む