天井圏に陰のコマ+上影陰線が出現した場合は、値動きの方向が転換するサインと捉えることができます。

チャートの値動き

チャートはポンドドルの4時間足。
全体の流れとして、価格は上昇方向に進み、天井圏にぶつかってそのまま反転し、下降に転じているのがわかります。
陰のコマ+上影陰線は、天井圏にて確認することができました(青色の箇所)。陰のコマ+上影陰線が確認できるまでは、価格は強い上昇を形成しており、連続した陽線の出現が目立っています。陰のコマ+上影陰線を確認した後は、価格はそれまでの上昇の流れ以上の力で下降の流れを形成し、大陰線にて急激な価格の下降を見せています。
以上から、最初に流れは上昇にありましたが、天井圏で上影陰線がでたことで流れが変わり、下降に転じていると読み取ることができます。

売買サイン

陰のコマは価格の迷いを表すサインです。今回はやや十字線にも見えるローソク足になっています(十字線は天井圏で確認できたら売りサインになります)。陰のコマだけでは迷いのため、そのままの流れを継承して上昇方向に進むことも考えられましたが、その次に上影陰線が登場しており、下降方向への転換を暗示しています。

天井圏で下影陰線が登場したら、売りサインとなります。今回の下影陰線は実体とヒゲが「1:2」の割合に近く、ヒゲが全体の3分の2は占めているので、売り圧力は強くなっていると捉えることができます。また、直前の陰のコマからの下影陰線という流れを見ることで、一旦値動きは迷いに入ったが、相場は下降方向へ準備を始めたと読むことができます。

それまでは上昇方向への圧力が強く、買い優勢が続いていましたので、上影陰線がでたと言えども実はダマシで、次のローソク足で上昇継続となることもあります。ただ、陰のコマ+上影陰線というローソク足をセットで捉え、この後は売り圧力が増大し売り優勢へと転ずる転換点の可能性を考慮することもできます。それまで連続した陽線がでていますが、だんだんと陽線の大きさも小さくなっていることを見ると、天井圏に差し掛かり売り優勢となる可能性も少なくないとも読み取れます。こういった動きを見ることで、それまで買いポジションを持っていた場合は、一部を決済するなどして相場の転換に備えるリスク回避の行動もとることができます。リアルタイムでチャートを見ている場合は、ローソク足の形成過程、いわゆるプライスアクションを見て、今後の売り圧力がどのくらい信用できるかみるのもいいでしょう。

まだ確信が持てない場合でも、流れが変わる可能性が少なくないのであれば、ローソク足を参考に損切り位置を設定して、売りポジションを持ったトレードもよいのではないでしょうか。

損切り位置

上影陰線がでてからは、高値をこえることはありませんでした。今回のケースを参考にすれば、上影陰線の高値近辺に損切り位置を設定するとよいことがわかります。

ポイント

  • 複数のローソク足をセットで捉えて動きを読むと、より正確に流れを読むことができるときもある
  • 天井圏で出現する陰のコマ+影陰線は、相場が反転する可能性を暗示している
  • 全体が上昇方向に流れていても、直前までの連続した陽線がだんだんと小さくなっている場合は、天井圏に差し掛かり売り圧力が増大している兆候と捉えることができる
  • 買い優勢の局面が続いても、いつかは相場は反転するため、そのきっかけをうまく掴むと、利益を拡大することに貢献できる
  • 天井圏に差し掛かり、根拠となるローソク足が出現した場合は、次の方向へ備えたポジション整理をするきっかけになる
  • 損切り位置は上影陰線の高値近辺になる

チャートの画像

チャート画像は Meta Trader 4 から取得、必要に応じて編集しています。

超陽の寄付き坊主のあと、超陰の大引け坊主が出現。急激に上昇し、急激に下降する極端な例です。

チャートの値動き

チャートはユーロドルの4時間足から。
先頭から見ると、上昇の流れにありながらやや下降に入ったところで、超陽の寄付き坊主が出現し、急激に価格が上昇しています。しかし、次の4時間足で超陰の大引け坊主が出現して、急激に価格は下降。急激に価格が上昇したものをすべて打ち消すほど下降しています。2つのローソク足で上昇と下降がみられ、プラスマイナスゼロとなっています。その後流れは下降方向に入っています。

売買サイン

陽の寄付き坊主、陰の大引け坊主は通常次のサインが期待できます。

今回のケースは非常に極端になりますが、急激に買い圧力が増大し、それがそのまま急激に売り圧力に転じたケースです。4時間足が2つあるので計8時間の中の出来事になりますが、ローソク足は非常に目立ち、超が付くほどの大幅な価格上昇と価格下降をみせています。

今回のケースはどのように捉えたらよいでしょうか。素直にローソク足のサインに従ってしまうと、非常に困難な状況を生み出しますから、そのままサインに従うことは控えた方がよいでしょう。ローソク足のサインはあるものの、そのローソク足の大きさが通常のサインと比べて異常すぎるのであれば、異常であることを早々に認めてしまうのがはやいです。異常な状況で発生したサインに従う必要はありません。このような価格幅が非常に大きな動きを見せる動きが連続した発生した場合、もしポジションを保有していたら一度手仕舞いして、しばらく状況を見てください。それが一番の最良策と考えてください。通常では考えられないほどの価格変動が発生した場合は、相場に理解できない異変が起こっていると理解し、様子を観る姿勢が必要です。

「山高ければ谷深し」「行き過ぎもまた相場」という格言が相場の世界には存在します。相場は生き物のため、このような予測不可能で急激な変化を生み出すこともあります。

そして、「待つことも仕事」という格言もあります。FX取引では待つのも取引の1つであり、それは高度なテクニックとして考えられています。

異常な相場は必ず修正されますから、状況をよく観察して待つことが重要です。相場には自浄作用がありますから、異常な相場は長くは続きません。急激な価格幅が発生した場合は、急激に戻ることもあります。事実、今回のケースではすぐに元に戻っています。こういった修正を待つことで、大きなリスクのある状況で戦うことを避けることができます。

今回は特殊なケースですが、FXには異常な相場が生み出されることもあります。そして、異常な相場もまた、相場です。

損切り位置

改めて、損切り位置の重要性について納得する必要があります。損切りを設定していなければ、このような通常は予測が難しい事態が発生したときに、被害をある程度食い止めることができます。もちろん運よく利益が乗っかることもあるかもしれませんが、それはただの偶然がもたらしただけであり、運に任せたFX取引は排除するべきです。損切り位置の目的は、損を最小限に防ぐことが主目的です。損小利大を実現するだけではなく、予測が困難な状況にも対応するための最後の防壁となります。いかなるトレードでも損切り位置は必ず設定しましょう。

ポイント

  • 異常な相場もまた、相場ということ
  • 「山高ければ谷深し」「行き過ぎもまた相場」であること
  • 「待つことも仕事」であること
  • 相場は生き物であり、予測が困難で突発的な価格変動が発生することがある
  • いかなる状況でさえ、損切り位置は必ず設定しておくことが望まれる

チャートの画像

チャート画像は Meta Trader 4 から取得、必要に応じて編集しています。

上影陽線は売りサインの1つです。

チャートの値動き

チャートはドル円、4時間足から。チャートを見ると、価格は上昇・下降しながらも、全体としては上昇方向(緑の矢印)に進んでいます。
上影陽線は、一時的に反発下降(赤の矢印)する直前に出現しました(青色の箇所)。上影陽線が出る前は陽線が続き価格は上昇する勢いが見て取れますが、上影陽線が出た後は、勢いは失速し、陽線と陰線が混じりながらも、一時的に下降となっています。
以上から、上昇傾向にある流れの中で、上影陽線がでて一時的な下降を生み出したと読み取ることができます。

売買サイン

上影陽線は、売りサインの1つです。トンカチとも呼ばれます。上昇中に上影陽線がでたら、下降の圧力が高まっている可能性を考慮する必要があります。今回の上影陽線は、上ヒゲがローソク足全体の3分の2程度を占めているため、下降の圧力はあるとみることができます。
ただ、全体的な流れは上昇であるため、下降はするが、一時的な反発下降かもしれないと注意して考えることも必要です。とはいえ、上影陽線は売りサインであるため、このローソク足を確認したら売り推奨の場面です。
全体的な流れの上昇についていくために買いのポジションを持つことを考えている場合は、流れが上昇に戻ったと確認ができるまで、控えた方がいいでしょう。

メンタル対策

大きな強い上昇の流れがある中で上影陽線がでたら、一時的な反発下降と考えることで、小さなチャンスでもうまく利益にすることができます。
あくまでも一時的な反発下降と考えることで、無理して大きなポジションを持つ必要性がないこともわかります。このような場合は、ポジションも大きくせず、長く保有せず、利益がでたら確定させておいてもよいでしょう。一時的な反発だと考えているのに、ポジションを長く持つなどして、大きく稼ごうと考えるのは矛盾しています。矛盾した行動には大きなしっぺ返しが待っていることもあるので、できるだけ避けましょう。
大きな流れに逆らったポジションには、リスクがあることも考慮してください。

損切り位置

相場は急変動することもあります。もしも予測した結果とは異なる結果を目にした場合は、容赦なくポジションを決済して、資金を守ることが必要です。今回のように大きな流れに逆らって売りポジションを持つときは特に要注意です。100%予測した通りになるとは限らないため、ポジションサイズを大きくせず、適切なものにしましょう。
忘れずに損切り位置も設定しておきましょう。今回のケースを参考にするなら、損切り位置は上影陽線の高値近辺です。

ポイント

  • 全体的に大きな流れが、上昇か下降どちらにあるかを把握しておくこと
  • 上影陽線は、上ヒゲがローソク足全体の3分の2以上占めていれば、下降の圧力はある
  • しかし、全体的に上昇の勢いが強いと考えられる場合は、一時的な反発下降の可能性を考慮する
  • 一時的な反発下降の場合は、ポジションを大きくとらず、リスクに備えること
  • 損切り位置は、上影陽線の高値近辺で設定しておく

チャートの画像

チャート画像は Meta Trader 4 から取得、必要に応じて編集しています。

変更履歴

2018年5月20日 記事構成の修正、見出しの設定、内容の書き直し
2018年5月23日 見出しの修正、売買サインにローソク足の画像を追加
2018年5月27日 チャート画像の差し替え

上影陽線は売りサインの1つです。チャートはユーロドル、4時間足から。

チャートの値動き

チャートの先頭からみると、下降の流れがあり、一度反発して上昇し、その後また下降(赤色の矢印)となっています。
また下降(赤色の矢印)する中で、「上影陽線がでたあと、大陰線」というパターンを3回観測しています(3つの青色の箇所)。
チャート全体をみると、一度反発上昇はあったものの、大きな下降の流れ(緑の矢印)の中にあることがわかります。

売買サイン

上影陽線は売りサインの1つです。このローソク足がでたら下降の可能性を考慮しなければなりません。全体的に下降の勢いがある中での上影陽線のため、売りサインの信頼性は高いものと言えるでしょう。

上影陽線のあとの大陰線で、上昇した流れを1回で押し戻し、続く2回でさらに下降圧力をかけています。これが短い期間で続いていますので、非常に強い売り圧力があることがわかります。
ただし、もし反発上昇中での上影陽線であれば、売りサインの信頼性を疑うことも必要です。相場全体の流れが上昇・下降のどちらにあるかをみると、判断しやすくなります。

メンタル対策

大きな下降の流れがある中で上影陽線がでたら、売りポジションを持つことで大きく稼ぐチャンスがあります。同じパターンが何度も出現すれば、期待度が高まり大きなポジションを持とうとするかもしれません。
しかし、大きなポジションを持った途端、期待が外れて反対の方向に流れてしまうこともあります。わかりやすい局面であっても、ポジションサイズを大きくせず、いつもと同じように適切なサイズを守るようにしましょう。

損切り位置

相場に確実はないため、常にダマシの可能性を考慮して、必ず損切り位置を設定しておきましょう。
今回のケースを参考にするなら、上影陽線の高値近辺が損切り位置となるでしょう。

ポイント

  • 全体的に大きな流れが、上昇か下降どちらにあるかを把握しておくこと
  • 下降の流れの時に、上影陽線がでたら売りサインの可能性がある
  • そのまま上影陽線からの大陰線というパターンが続いたら、全体的に売り圧力が強い局面にある
  • ダマシの可能性を考慮して、損切り位置は上影陽線の高値近辺で設定しておく

チャートの画像

チャート画像は Meta Trader 4 から取得、必要に応じて編集しています。

変更履歴

2018年5月20日 記事構成の修正、見出しの設定、内容の書き直し
2018年5月23日 見出しの修正、売買サインにローソク足の画像を追加
2018年5月27日 チャート画像の差し替え

足長同事線は相場の転換点のサインです。

チャートの値動き

チャートはユーロドルの4時間足。
全体の流れとして、下降の流れから底値で反発上昇し、その後また下降の流れに戻っているのがわかります。
下降の流れにあるとき、底値で下影陽線(下影陰線にも見えますが、拡大するとやや上昇しているため、ここでは下影陽線と記述します)が出現しています(1番目の青色の箇所)。下影陽線がでてから、流れは反発して上昇になりました。上昇中の流れにあるとき、足長同事線が出現しています(2番目の青色の箇所)。足長同事線がでてから、反発上昇が終わり、もとの下降の流れに戻りました。
以上から、最初に流れは下降にありましたが、底値の下影陽線、上昇中の足長同事線のタイミングで流れが変わり、下降~上昇~さらに下降となったと読み取ることができます。

売買サイン

足長同事線は、相場の転換点として注意されるものです。同事線(同時線)ともいいます。足長同事線が確認できた場合は、直前までの相場の流れが変わる可能性があります。今回の足長同事線は上昇の流れで登場したため、この後に下降する可能性を示した売りサインとなります。
足長同事線が出る前に、底値で下影陽線がでていますが、これは買いサインの1つです。買いサインの下影陽線がでて上昇し、売りサインの足長同事線がでて下降したと考えれば、非常にわかりやすい展開であったといえます。下影陽線をきっかけに上昇に転じて、そのまま上昇継続となる可能性もないことはありませんが、足長同事線がでた場合は一度買い圧力が一旦は落ち着いたとみるべきです。
このような場合に限りませんが、より大きな視点で相場の勢いがどちらにあるかをみておくと、より判断しやすいです。最初から強い下降の勢いがあるため、最終的には下降に戻る余地があります。そのタイミングを知る為に、足長同事線を待つのは有効な対策です。

メンタル対策

足長同事線に注意することで、相場の転換点を判断することができます。足長同事線は直前の流れが変わるタイミングで出ることはよくあります。転換点を確認できれば、大きく稼ぐチャンスが生まれます。
今回のチャートでは、底値の下影陽線、反発上昇してからの足長同事線、の2つでエントリータイミングが生まれます。最初の下影陽線で買いのポジションを持つことができたら、次は、売りサインが出るのを待つことです。足長同事線がでたら相場の流れが変わる可能性を示唆しているので、一旦ポジションを利確しておいた方がよいでしょう。
もし、足長同事線だけでは本当に相場の流れが変わったか判断ができない場合、大きな大陰線が登場するまで待ってもいいでしょう。大陽線または大陰線がでるときは、流れが変わるときでもあるからです。全体的に下降の流れであるならば、下降になったと十分に判断できてからエントリーしても遅くはありません。

損切り位置

今回の足長同事線のケースを参考にすれば、損切り位置は足長同事線の高値から若干余裕を持たせた方がよいとなるでしょう。足長同事線の次にでた陰線の高値が、足長同事線の高値を超えているからです。最終的に終値は足長同事線の終値より下回っていますので、今回の足長同事線は売りサインとする判断は正しいのですが、足長同事線の次のローソク足で価格の変動が大きかったため、終値が確定する前にポジションがきられてしまいます。
それでも、やはり足長同事線の高値近辺に損切り位置を設定しておいて、きられるときは、きられてしまった方がいいでしょう。損切りは利益を伸ばすためにあるのではなく、資金を守るためにあるものです。絶対に損切りを発生させたくないと言って、損切り位置の幅をあまりにもとりすぎると、その他の場面で損切りに対する考えに影響を与えてしまうことがあるかもしれません。ある一定のルールを守ることは大切です。一度決めた損切り位置は絶対に動かしてはいけません。
エントリー後に、価格変動が大きすぎてポジションがきられてしまったら、当初の予測は外れたことを素直に認めましょう。もう一度ローソク足を見て、まだ売りサインが有効であると考えることができるなら、改めてエントリーし直すといった方が、最終的には資金を守ることもでき、健全です。

ポイント

  • 足長同事線は相場の転換線として注意される
  • 足長同事線だけで判断できない場合は、大陽線または大陰線の登場を待つ
  • 損切りは利益を伸ばすためにあるのではなく、資金を守るためにある
  • エントリーしてから、損切り位置を動かすことは絶対にしてはいけない

チャートの画像

チャート画像は Meta Trader 4 から取得、必要に応じて編集しています。

変更履歴

2018年5月20日 記事構成の修正、見出しの設定、内容の書き直し
2018年5月23日 見出しの修正、売買サインにローソク足の画像を追加
2018年5月27日 チャート画像の差し替え

上値を試す下影陰線は買いサインです。

チャートの値動き

チャートはドル円、4時間足。
全体的に大きな上昇の流れがあり、レジスタンスライン(赤色の線)を超えるか試す展開が続いた後、ブレイクアウトしてさらに上昇継続となっているのがわかります。
下影陰線は、レジスタンスラインをブレイクアウトするかどうか試す展開の中で登場しました(青色の箇所)。下影陰線の直前までは上値を試して一度超えることができず、反発下降しています。しかしすぐに買い圧力がかかり、もう一度上値を試すところで下影陰線が出現しています。下影陰線が出現した後、レジスタンスラインをブレイクアウトして、一気に上昇しています。
以上から、最初に上昇の流れがありましたが、上値の抵抗にあい失速、しかし下影陰線がでたことで勢いが強くなり、上昇継続となったと読み取ることができます。

売買サイン

下影陰線は買いサインの1つです。下影陰線を底値で観測することができれば、その後、相場の流れが反転する可能性があります。今回の下影陰線の実体は小さく、下ヒゲは実体の6~7倍はありますので、強い買いサインと捉えることができます。底値で出たわけではありませんが、もともと大きな流れが上昇で、レジスタンスラインを超えるかどうかを試している展開でした。そのため、
(1)大きな流れが上昇で、
(2)何度も上値を試そうとしていた、
(3)そこで強い下影陰線がでた
この3点から、やはり上昇継続する余地の方が大きいだろうと考えることができます。
底値で下影陰線を観測することができればさらに信頼度は高まりますが、底値かどうかは絶対条件ではありません。全体的な流れが上昇で、強い買いサインが登場したと考えれば、買い優勢だろうという判断につなげることができます。

メンタル対策

レジスタンスラインを超えると、それまでの買いと売りの均衡が崩れて、買い圧力が一気に増大し、短い時間で瞬発上昇する場面は多くあります。何度も上値を試す展開が続いていればいるほどその傾向があるため、レジスタンスラインを超える場面は、大きく稼げる場面になります。
しかし、レジスタンスラインでもみ合っていると、もしかしたら上値を超えないかもしれないと不安になることもあります。直前まで強い上昇の流れにあるのですが、上昇であったからこそ、そろそろ下がるかもしれないという不安が芽生えてくるかもしれません。同じことを考えているトレーダーも少なくないため、レジスタンスライン近辺では買いと売りの攻防が続きます。
熱くなりそうなときこそ落ち着いて、ローソク足の買いサイン・売りサインに着目してください。大きな流れが上昇であり、下影陰線は買いサインの1つです。買い優勢の場面で売り優勢になるには、相当の売り圧力が必要になります。下影陰線の形状をみて、下ヒゲが実体と比べて相当に大きいときは、基本的には買い圧力がやはり優勢であると考えてください。

損切り位置

買い優勢と判断しても、万が一に備えた対策をしなくていいわけではありません。買いサインの可能性がどんなに高くても、次の瞬間反発して大きく下げたり、徐々に売り圧力が回復していくことも十分に考られます。そのため、無理して大きなポジションを持たないなど、余裕を持ったポジションサイズの調整が必要です。
エントリーと同時に損切り位置も必ず設定しましょう。今回のケースを参考にするなら、下影陰線の安値が損切り位置になるでしょう。

ポイント

  • 大きな流れが上昇にあり、上値を何度も試しているとき、強い下影陰線がでたら、その後も上昇継続の可能性がある
  • 下影陰線が底値にでているかどうかは絶対条件ではない
  • レジスタンスラインを超えてきたら、その後一気に上昇する可能性がある
  • たとえ買いサインの可能性がどんなに高くても、万が一を考慮したポジションサイズに調整すること
  • 損切り位置は下影陰線の安値で設定しておく

チャートの画像

チャート画像は Meta Trader 4 から取得、必要に応じて編集しています。

変更履歴

2018年5月20日 記事構成の修正、見出しの設定、内容の書き直し
2018年5月23日 見出しの修正、売買サインにローソク足の画像を追加
2018年5月27日 チャート画像の差し替え

底値圏の下影陰線は買いサインの1つです。

チャートの値動き

チャートはユーロドル、4時間足から。広範囲のチャートはこちら
全体の流れとして、価格は下降に進み、底値を試す展開が続いた後、上昇に転じていることがわかります。
下影陽線は、底値を試すタイミングで出現しました(青色の箇所)。下影陽線の直前までは下降の流れにありましたが、下影陽線の出現後、流れは変わり上昇へと転じています。上昇に転じる途中、乱高下している場面もありますが、下影陽線の安値を割ることはありませんでした。
以上から、最初に流れは下降にありましたが、底値で下影陽線が出たことで流れが変わり、上昇に転じた、と読み取ることができます。

売買サイン

底値圏の下影陽線は買いサインの1つです。下影陽線が底値で確認できた場合は、相場の流れが変わり、その後上昇する可能性が高くなります。今回の下影陽線は実体がとても小さく、下ヒゲがとても長いため、特に強い買いのサインであったと捉えていいでしょう。
相場の流れが変わる前には、元の流れに戻る力もあるため、一時的に反発することがあります。今回も下影陽線のあと上昇しましたが、すぐに下降している場面もあります。ただし、結果的に買い勢力が勝って上昇したため、一時的な反発であったといえます。一般的に底値には強いサポートラインができますので(赤色の線)、一時的な反発があっても、買い勢力が最終的には勝ち、流れが上昇に転じることはよくあります。
下影陽線は、適切なタイミングで出現すれば信頼度は高いものです。下影陽線を確認するときは、現在底値かどうかを最初に判断しておくとよいでしょう。

メンタル対策

下影陽線を底値で観測することができたら、その後、大きな流れに乗って大きな利益を出せる可能性があります。
とはいえ、その後すぐに下降してきたら、自信をなくしてすぐにポジションを決済してしまうかもしれません。そうすると、その後やってくる大きな流れに乗れず、微々たる利益で終えてしまうこともあります。場合によってはマイナスになって不安になり見切り売りして損失額を確定してしまうこともあるでしょう。
相場の流れが変わるタイミングでは、買いと売りの攻防が繰り広げられるため、相当の時間が必要になることもあります。4時間足のチャートで見ている場合は、底値で下影陽線を観測したら、安値を割ることがない限り、その後の流れを落ち着いてみるということも必要でしょう。

損切り位置

相場に絶対はありませんので、下影陽線の後、100%上昇するとは限りません。相場が当初予測した方向性とは逆方向に進んだ場合は、容赦なくポジションを決済して、資金を守ることが必要です。
ポジションサイズを調整して余裕のある損切り位置も予め決めておけば、乱高下にも心が揺さぶられることはありません。今回のケースを参考にすれば、損切り位置は下影陽線の安値近辺になるでしょう。

ポイント

  • 下影陽線が底値近辺で出たら、その後、上昇する可能性が高い
  • 大きなポジションを持つと、途中の乱高下で精神的に耐えられないかもしれない
  • たとえ大きなチャンスであっても、無理のないポジションサイズを持つことが大事
  • 4時間足で下影陽線を観測できたら、安値を割ることがない限り、継続して様子をみてもよい
  • 損切り位置の目安は、下影陽線の安値になる

チャートの画像

チャート画像は Meta Trader 4 から取得、必要に応じて編集しています。

変更履歴

2018年5月20日 記事構成の修正、見出しの設定、内容の書き直し
2018年5月23日 見出しの修正、売買サインにローソク足の画像を追加
2018年5月27日 チャート画像の差し替え