上影陰線の後、陰の大引け坊主が出現したら、売り圧力が強いと考えられる

上影陰線・陰の大引け坊主は売りサインの1つです。 チャートの値動き チャートはユーロドル、1分足。 最初はややレンジ状態が続き、連続した陽線がでて上昇したところで上影陰線が出現しました(1番目の青色の箇所)。その後連続し … “上影陰線の後、陰の大引け坊主が出現したら、売り圧力が強いと考えられる”の続きを読む

1分足のチャートで底値圏で下影陰線を確認したら、一時的な上昇に備える

底値圏で確認できる下影陰線は買いサインになります。 チャートの値動き チャートはユーロドル、1分足。 全体の流れとして、最初に下降方向に進み、底値を試す展開があり、その後急激に上昇し、再度下降に向かっているのがわかります … “1分足のチャートで底値圏で下影陰線を確認したら、一時的な上昇に備える”の続きを読む

異常な相場もまた相場であり、いずれ修正されるため、待つことも必要になる

超陽の寄付き坊主のあと、超陰の大引け坊主が出現。急激に上昇し、急激に下降する極端な例です。 チャートの値動き チャートはユーロドルの4時間足から。 先頭から見ると、上昇の流れにありながらやや下降に入ったところで、超陽の寄 … “異常な相場もまた相場であり、いずれ修正されるため、待つことも必要になる”の続きを読む

直前にやや上昇しても、上影陽線がでたら下降に進む可能性を考慮してダマシを防ぐ

上影陽線は売りサインの1つです。 チャートの値動き チャートはユーロドル、1分足。 価格はレンジ状態を作りながら進み、やや上昇し、その後大きく下降しています。 上影陽線は、大きく下降する前にやや上昇したところで出現しまし … “直前にやや上昇しても、上影陽線がでたら下降に進む可能性を考慮してダマシを防ぐ”の続きを読む

大陰線がでたら売り圧力はしばらく続く傾向がある

大陰線の後は、下降が続きます。 チャートの値動き チャートはユーロドル、1時間足から。 小陽線・小陰線を出しながら価格はやや上昇したところで、大陰線を出して一気に下降しました(1番目の青色の箇所)。その後、連続した小陽線 … “大陰線がでたら売り圧力はしばらく続く傾向がある”の続きを読む

小陽線と小陰線は方向感が掴めないため、小休止する場面でもある

小陽線と小陰線は方向感が読みにくい。 チャートの値動き チャートはユーロドルの1時間足から。 価格が三角保ち合いを形成して、狭められた幅の中で、上へ下へと動いています。その中で小陽線と小陰線が連続して出現していますが(3 … “小陽線と小陰線は方向感が掴めないため、小休止する場面でもある”の続きを読む

天井圏に大陰線がでたら、その後も売り圧力が続いて価格が下がることは多い

大陰線は強い売りサインです。 チャートの値動き チャートはユーロドル、1時間足。価格は上下にゆられながら進んでいます。 大陰線は、価格が上昇しきった直後、あるいは、上昇して価格が一服するように落ち着いたときに出現しました … “天井圏に大陰線がでたら、その後も売り圧力が続いて価格が下がることは多い”の続きを読む

足長同事線が天井圏にあるか判断するには、レジスタンスラインを引く

足長同事線は、継続にも反転にもなります。 チャートの値動き チャートはユーロドルの1時間足。全体としては急激ではないものの緩やかな上昇トレンドといえる値動きです。 上昇途中、足長同事線が出現しました(1番目の青色の箇所) … “足長同事線が天井圏にあるか判断するには、レジスタンスラインを引く”の続きを読む

大きな下降の流れがある時、上影陽線の後に大陰線というパターンを期待できる

上影陽線は売りサインの1つです。チャートはユーロドル、4時間足から。 チャートの値動き チャートの先頭からみると、下降の流れがあり、一度反発して上昇し、その後また下降(赤色の矢印)となっています。 また下降(赤色の矢印) … “大きな下降の流れがある時、上影陽線の後に大陰線というパターンを期待できる”の続きを読む

足長同事線は相場の転換点として捉えることができる

足長同事線は相場の転換点のサインです。 チャートの値動き チャートはユーロドルの4時間足。 全体の流れとして、下降の流れから底値で反発上昇し、その後また下降の流れに戻っているのがわかります。 下降の流れにあるとき、底値で … “足長同事線は相場の転換点として捉えることができる”の続きを読む