小陽線と小陰線は方向感が掴めないため、小休止する場面でもある

小陽線と小陰線は方向感が読みにくい。 チャートの値動き チャートはユーロドルの1時間足から。 価格が三角保ち合いを形成して、狭められた幅の中で、上へ下へと動いています。その中で小陽線と小陰線が連続して出現していますが(3 … “小陽線と小陰線は方向感が掴めないため、小休止する場面でもある”の続きを読む

ローソク足のサインまとめ

陽線 陰線 小陽線(陽のコマ・陽の極線) 小陰線(陰のコマ・陰の極線) 大陽線 大陰線 陽の丸坊主 陰の丸坊主 陽の大引け坊主 陰の寄付き坊主 陽の寄付き坊主 陰の大引け坊主 下影陽線(陽のカラカサ) 下影陰線(陰のカラ … “ローソク足のサインまとめ”の続きを読む

三角保ち合いゾーンの底値圏に上十字がでたら、一旦買いサインとなる

底値で確認できる上十字は、買いサインとして有効です。 チャートの値動き チャートはポンド円、日足。広範囲のチャートはこちら。上昇トレンドが発生し、チャートが三角保ち合いに入っています。 三角保ち合いゾーンの中で下値を試す … “三角保ち合いゾーンの底値圏に上十字がでたら、一旦買いサインとなる”の続きを読む

上昇トレンド中に大きな下降があっても、下影陽線がでれば買いサインになる

下影陽線は買いサインの1つです。 チャートの値動き チャートはドル円、1時間足から。全体の流れとして、上昇トレンドが発生し、価格は上へと進んでいます。 下影陽線は、トレンド発生中に一度価格が大きく下降した直後に発生しまし … “上昇トレンド中に大きな下降があっても、下影陽線がでれば買いサインになる”の続きを読む

ローソク足の基礎知識

ローソク足で表すことができる4つの価格 ローソク足は一定期間内の次の4つの価格を図表したものです。 (1)一番最初の取引価格である「始値(はじめね)」 (2)一番最後の取引価格である「終値(おわりね)」 (3)一番安い取 … “ローソク足の基礎知識”の続きを読む

大きな流れが上昇の時、上影陽線がでたら一時的な反発下降になる可能性を考慮する

上影陽線は売りサインの1つです。 チャートの値動き チャートはドル円、4時間足から。チャートを見ると、価格は上昇・下降しながらも、全体としては上昇方向(緑の矢印)に進んでいます。 上影陽線は、一時的に反発下降(赤の矢印) … “大きな流れが上昇の時、上影陽線がでたら一時的な反発下降になる可能性を考慮する”の続きを読む

大きな下降の流れがある時、上影陽線の後に大陰線というパターンを期待できる

上影陽線は売りサインの1つです。チャートはユーロドル、4時間足から。 チャートの値動き チャートの先頭からみると、下降の流れがあり、一度反発して上昇し、その後また下降(赤色の矢印)となっています。 また下降(赤色の矢印) … “大きな下降の流れがある時、上影陽線の後に大陰線というパターンを期待できる”の続きを読む

足長同事線は相場の転換点として捉えることができる

足長同事線は相場の転換点のサインです。 チャートの値動き チャートはユーロドルの4時間足。 全体の流れとして、下降の流れから底値で反発上昇し、その後また下降の流れに戻っているのがわかります。 下降の流れにあるとき、底値で … “足長同事線は相場の転換点として捉えることができる”の続きを読む

大きな流れが上昇の時、何度も上値を試す展開で強い下影陰線がでたら、買いサインの可能性がある

上値を試す下影陰線は買いサインです。 チャートの値動き チャートはドル円、4時間足。 全体的に大きな上昇の流れがあり、レジスタンスライン(赤色の線)を超えるか試す展開が続いた後、ブレイクアウトしてさらに上昇継続となってい … “大きな流れが上昇の時、何度も上値を試す展開で強い下影陰線がでたら、買いサインの可能性がある”の続きを読む

底値で下影陽線がでたら、その後上昇する可能性が高い

底値圏の下影陰線は買いサインの1つです。 チャートの値動き チャートはユーロドル、4時間足から。広範囲のチャートはこちら。 全体の流れとして、価格は下降に進み、底値を試す展開が続いた後、上昇に転じていることがわかります。 … “底値で下影陽線がでたら、その後上昇する可能性が高い”の続きを読む