底値圏で確認できる下影陰線は買いサインになります。

チャートの値動き

チャートはユーロドル、1分足。
全体の流れとして、最初に下降方向に進み、底値を試す展開があり、その後急激に上昇し、再度下降に向かっているのがわかります。
下影陰線は、底値を試す展開の中で出現しました。底値を試す展開では上下にぶれていますが、下影陰線の安値を割ることはありませんでした。
下影陰線が出現した後は、上昇に転じ、また下降に戻っています。
以上から、最初に流れは下降にありましたが、底値で下影陰線がでたことで流れが変わり、上昇に転じ、やや上がったところで下降に戻っていると読み取ることができます。

売買サイン

底値圏で出現する下影陰線は買いサインになります。下影陰線が底値で確認できた場合は、相場の流れが変わり、その後上昇する可能性が高くなります。今回の下影陰線は実体がとても小さく、下ヒゲがとても長いため、強い買いのサインと捉えていいでしょう。
下影陰線の後は、相場に対して上昇方向への圧力が加わります。それまで下降の流れにあったため、下降を打ち消すほどの強い圧力です。ただ、強い買いのサインではありますが、もともと相場は下降方向に動いていたため、その後相場が反転して長期的に上昇するとは限りません。下影陰線によってその後一時的な反発もありえるという判断が妥当です。また、1分足でのサインのため、流れは非常に変わりやすいことにも注意が必要です。
底値圏で下ヒゲの長い下影陰線を確認した場合は、その直後に売りポジションを持つことは控え、一時的な上昇に備えるか、一旦流れが元に戻るまで待機したほうが良いでしょう。

損切り位置

今回のケースを参考にすれば、損切り位置は下影陰線の安値近辺になります。

ポイント

  • 底値圏で確認できる下影陰線は買いのサインになる
  • 相場全体に下降圧力があるときは、底値圏で下影陰線がでても、一時的な上昇と捉える
  • 短い時間足でのスキャルピングでは有効だが、すぐに流れが元に戻ることも忘れてはいけない

チャートの画像

チャート画像は Meta Trader 4 から取得、必要に応じて編集しています。

陽線

陰線

小陽線(陽のコマ・陽の極線)

小陰線(陰のコマ・陰の極線)

大陽線

大陰線

陽の丸坊主

陰の丸坊主

陽の大引け坊主

陰の寄付き坊主

陽の寄付き坊主

陰の大引け坊主

下影陽線(陽のカラカサ)

下影陰線(陰のカラカサ)

上影陽線(陽のトンカチ)

上影陰線(陰のトンカチ)

トンボ

上十字

トウバ

下十字

十字線(同事線)

足長同事線

一本線

足長同事線は、継続にも反転にもなります。

チャートの値動き

チャートはユーロドルの1時間足。全体としては急激ではないものの緩やかな上昇トレンドといえる値動きです。
上昇途中、足長同事線が出現しました(1番目の青色の箇所)。その後、価格はさらに上昇しました。次に天井圏で足長同事線が出現しました(2番目の青色の箇所)。その後、価格は下降しました。
このことから、価格は大きく上下に振られながら進む中で、足長同事線で上昇し、また、足長同事線で下降にもなったことがわかります。

売買サイン

足長同事線は、流れが「継続」するか「反転」するかの重要なポイントになります。足長同事線が出現した場合は、流れが変わる可能性があります。今回の2つの足長同事線は、どちらも十分に上下のヒゲが長いため、買いと売りの攻防が十分にあったことが伺えます。
天井圏では「反転」するサインとなるのでわかりやすいものの、”天井圏に近い”場合はどのように判断すればよいか迷うこともあるかもしれません。これは、1本のラインをひくだけで解決します。
チャートには、直近の高値に1本のラインを引いてあります(赤色のライン)。これはレジスタンスラインです。足長同事線がこのレジスタンスラインの上か下かで、「継続」か「反転」かを判断します。足長同事線がレジスタンスラインの下にある場合は「継続」、足長同事線がレジスタンスラインの上にある場合は「反転」です。1本のレジスタンスラインをひくことで、天井圏かどうかがわかりやすくなり、足長同事線のサインも判別できます。
また、違った角度からも検証してみましょう。1番目の足長同事線と2番目の足長同事線の「ヒゲ」を見比べてください。1番目の足長同事線は上下のヒゲの長さがやや同じに見えますが、2番目の足長同事線は上ヒゲが下ヒゲより長くなっているのがわかるでしょうか。つまり、天井圏の足長同事線は、上値が重く売り圧力がかかるため、上下のヒゲの長さにはっきり違いがでたということです。天井圏で常にこのような上下のヒゲの差異が出るとは限りませんが、より売り圧力がかかるため、そのような傾向があるのは確かです。
足長同事線がでた場合に判断が迷う場合は、直前の高値はどこにあるか意識しながら見ていくとよいでしょう。

損切り位置

今回のケースを参考すると、足長同事線の安値または高値近辺になります。

ポイント

  • 足長同事線は天井圏では売りサインとなる
  • しかし天井圏ではない場合、相場の流れが「継続」することもある
  • 1本のレジスタンスラインをひくことで簡単に見分けられる
  • ヒゲの長さを見比べて信頼度を高めることもできる
  • 損切り位置は安値または高値の近辺になる

チャートの画像

チャート画像は Meta Trader 4 から取得、必要に応じて編集しています。

底値で確認できる上十字は、買いサインとして有効です。

チャートの値動き

チャートはポンド円、日足。広範囲のチャートはこちら。上昇トレンドが発生し、チャートが三角保ち合いに入っています。
三角保ち合いゾーンの中で下値を試す展開となったとき、トレンドライン近辺で上十字を観測しました(青色の箇所)。
上十字の直前は価格は下降していましたが、上十字の出現後、価格はトレンドラインから離れて上昇方向に向かっています(1番目の赤色の矢印)。
上昇方向に向かった後は、再度下降しています(2番目の赤色の矢印)。
以上から、三角保ち合いゾーンの下値を試す展開で、上十字が出現したことで流れが変わり、上昇方向に進み、その後下降に進んだことがわかります。

売買サイン

底値圏で上十字が出現した場合、買いサインとなります。上十字が出現したら相場の流れが変わり、その後上昇する可能性が高くなります。
今回の上十字は実体が十分に小さく、下ヒゲが十分に長いものであるため、強い買いサインと捉えることができます。
三角保ち合いゾーンでは、価格は上値~下値にタッチしながら進みます。三角保ち合いの中で価格は永遠におさまることはなく、上値、下値のどこかで必ずブレイクアウトします。今回は下値に近づき、ブレイクアウトするかどうかという局面でしたが、トレンドラインに支えられるように底値圏で上十字を形成し、価格は上昇しました。
トレンドラインの底値圏で上十字という買いサインがでましたので、売りポジションは非推奨です。この時点で買い勢力は売り勢力より強いことがわかり、まだ下値を割る可能性は低いと判断できます。三角保ち合いゾーンの中で価格が上下しているときは、底値圏で形成されるローソク足を観測するとよいでしょう。
ただし、その後も上昇が続くとは限りません。チャートを見ると、その後上値に到達せず再度下降方向に入っています。あくまでも上十字が出た時点で下値を割る可能性が低いと判断するに留めて、その後上昇が上値まで続くかどうかは、状況に応じて判断が必要になります。少なくとも、ブレイクアウトするかどうかの判断に役立ちます。またチャートでは日足となっていますので、やや上昇といっても上昇幅はかなりのものがあります。値幅が十分にありますので、この時点ではブレイクアウトしない可能性を考えて買いポジションを持つことによって、十分な利益を得ることができます。

メンタル対策

三角保ち合いの上値近辺と下値近辺では相場が転換する傾向があり、転換点にあわせてポジションを形成することにより大きな利益が期待できます。
三角保ち合いは必ずブレイクアウトしますので、三角保ち合いの先頭に近づいてきたとき、勢いよく価格が下降して下値に近づいた場合、次はいよいよブレイクアウトするかもしれないと考えて、あせって売りのポジションをもってしまうことがあるかもしれません。それでうまくいけばよいのですが、何らかの売りサインを確認することもなく、イチかバチかでもったポジションは、多くの場合うまくいきません。そのポジションを持つだけの十分な根拠がないことは明白です。
三角保ち合いのときは、天井圏と底値圏でサインを見つけることを心がけるようにしましょう。シグナルの発生を待ち、常に冷静に観測することで、根拠のあるトレードができるようになります。根拠があるトレードを繰り返すことによって、自信がつき、イチかバチかの危ないトレードを控えるようになります。

損切り位置

上昇トレンドがでて、三角保ち合いで、底値圏で上十字の強い買いサイン。上昇の確率が高いからといって、資金を守るための対策をとらなくていいわけではありません。天井圏と底値圏で出現するローソク足のサインはトレードの助けになりますが、勝つ確率が高いというそれだけでは資金を守ることはできません。
資金を守る方法は、適切なポジションサイズの形成と、損切り位置をポジションのエントリーと同時に必ず設定することです。損切り位置をどこに設定するか悩むときは、多くのチャートを見たり、ローソク足の高値と安値に注目するとよいでしょう。今回のケースを参考にするならば、損切り位置は、上十字の安値近辺(トレンドライン近辺)がよいでしょう。

ポイント

  • チャートが三角保ち合いゾーンに入ったら、天井圏と底値圏のローソク足を観測すること
  • ローソク足は、天井圏と底値圏のどちらででたかによって、買いサインか売りサインかわかれる
  • 十分に強い買いサインが確認できたとしても、適切なポジションサイズをとること
  • 損切り位置の目安は、上十字の安値近辺(トレンドライン近辺)となる

チャートの画像

チャート画像は Meta Trader 4 から取得、必要に応じて編集しています。

変更履歴

2018年5月23日 見出しの修正、売買サインにローソク足の画像を追加
2018年5月27日 チャート画像の差し替え、売買サインに追記

下影陽線は買いサインの1つです。

チャートの値動き

チャートはドル円、1時間足から。全体の流れとして、上昇トレンドが発生し、価格は上へと進んでいます。
下影陽線は、トレンド発生中に一度価格が大きく下降した直後に発生しました(青色の箇所)。上昇していた価格が短い期間で大きく下落しても、下影陽線がでたあとは、下影陽線の安値を割ることはなく再度上昇していきました。
以上から、上昇トレンド発生に価格が大きく下降しても、下影陽線がでたことで上昇継続の流れに戻ったと読み取ることができます。

売買サイン

下影陽線は買いサインの1つです。下ヒゲが長くあるため、一度価格は下がってものの、最終的には上昇したことを示します。今回の下影陽線は下ヒゲが実体の3~4倍はあるため、買い圧力が十分にあると捉えてよいでしょう。下影陽線は底値に出ると強いといわれますが、上昇トレンド中に大きく下降した直後に出ても同様に信頼のできるサインです。
また、上昇トレンドの中で買いポジションを持つ時には、絶好の機会です。背景にある上昇トレンドがありますが、一度発生したトレンドは簡単に反転することはありません。それまで上昇と続いてきた価格が一気に下がったとしても、時間がたてば徐々に回復することはよくあります。そういった意味合いからも、買いへの期待がかかり、下影陽線はそれを示すシグナルとして判断するとよいでしょう。

メンタル対策

下影陽線を確認したら、買いポジションにて利益を狙います。上昇トレンド発生中なら、期待値は高いです。
しかし、トレンドは永遠に続くことはありません。トレンドはいつか終わります。そう考えて、それまで価格が徐々にあがっていったのが、一気に下がったのをみて、もしかして今回がトレンドが変わるタイミングなのかもしれないと考えてしまい、躊躇してしまうことがあるかもしれません。一瞬踏みとどまって冷静に考えることは無駄ではありません。
トレンドが変わる場合には、もっと強烈で明確なサインが現れることもあります。今回はトレンドが変わるサインではなく、下影陽線という買いサインが現れましたので、その部分を冷静にとらえてみましょう。相場が変わるかもしれないという不安は感じてもよいのですが、そこに十分な納得できるサインがあるかどうか考えてみると判断がつきやすいかもしれません。
トレンドが強い勢いを持っているときには、最終的には買い圧力が勝ちますから、下影陽線の次のローソク足の動向を探る余裕をもつことを心がけてください。

損切り位置

相場には確実・絶対という言葉はありません。あくまでも可能性・期待値が高い・低いという展開が予測できるだけです。より多くの買い・売りサインを目にすることができたらその方向に強い自信がつきますが、常に客観的に分析するようにしてください。そうすることで、急転直下すべてが変わってしまうよな、最悪の事態に対応することができます。
必ず、ポジションを持つときは、損切り位置も設定しておきましょう。今回のケースを参考にするなら、下影陽線の安値近辺です。

ポイント

  • 上昇トレンド発生中、短い期間で大きく下降しても、その後上昇する可能性が高い
  • そこに下影陽線を確認したら、エントリーのタイミングになる
  • 背景にある上昇トレンドの強弱を意識して全体を見ると、理解しやすい
  • 損切り位置は、下影陽線の安値近辺で設定しておく

チャートの画像

チャート画像は Meta Trader 4 から取得、必要に応じて編集しています。

変更履歴

2018年5月20日 メンタル対策の一部文言を修正
2018年5月23日 見出しの修正、売買サインにローソク足の画像を追加
2018年5月27日 チャート画像の差し替え

上値を試す下影陰線は買いサインです。

チャートの値動き

チャートはドル円、4時間足。
全体的に大きな上昇の流れがあり、レジスタンスライン(赤色の線)を超えるか試す展開が続いた後、ブレイクアウトしてさらに上昇継続となっているのがわかります。
下影陰線は、レジスタンスラインをブレイクアウトするかどうか試す展開の中で登場しました(青色の箇所)。下影陰線の直前までは上値を試して一度超えることができず、反発下降しています。しかしすぐに買い圧力がかかり、もう一度上値を試すところで下影陰線が出現しています。下影陰線が出現した後、レジスタンスラインをブレイクアウトして、一気に上昇しています。
以上から、最初に上昇の流れがありましたが、上値の抵抗にあい失速、しかし下影陰線がでたことで勢いが強くなり、上昇継続となったと読み取ることができます。

売買サイン

下影陰線は買いサインの1つです。下影陰線を底値で観測することができれば、その後、相場の流れが反転する可能性があります。今回の下影陰線の実体は小さく、下ヒゲは実体の6~7倍はありますので、強い買いサインと捉えることができます。底値で出たわけではありませんが、もともと大きな流れが上昇で、レジスタンスラインを超えるかどうかを試している展開でした。そのため、
(1)大きな流れが上昇で、
(2)何度も上値を試そうとしていた、
(3)そこで強い下影陰線がでた
この3点から、やはり上昇継続する余地の方が大きいだろうと考えることができます。
底値で下影陰線を観測することができればさらに信頼度は高まりますが、底値かどうかは絶対条件ではありません。全体的な流れが上昇で、強い買いサインが登場したと考えれば、買い優勢だろうという判断につなげることができます。

メンタル対策

レジスタンスラインを超えると、それまでの買いと売りの均衡が崩れて、買い圧力が一気に増大し、短い時間で瞬発上昇する場面は多くあります。何度も上値を試す展開が続いていればいるほどその傾向があるため、レジスタンスラインを超える場面は、大きく稼げる場面になります。
しかし、レジスタンスラインでもみ合っていると、もしかしたら上値を超えないかもしれないと不安になることもあります。直前まで強い上昇の流れにあるのですが、上昇であったからこそ、そろそろ下がるかもしれないという不安が芽生えてくるかもしれません。同じことを考えているトレーダーも少なくないため、レジスタンスライン近辺では買いと売りの攻防が続きます。
熱くなりそうなときこそ落ち着いて、ローソク足の買いサイン・売りサインに着目してください。大きな流れが上昇であり、下影陰線は買いサインの1つです。買い優勢の場面で売り優勢になるには、相当の売り圧力が必要になります。下影陰線の形状をみて、下ヒゲが実体と比べて相当に大きいときは、基本的には買い圧力がやはり優勢であると考えてください。

損切り位置

買い優勢と判断しても、万が一に備えた対策をしなくていいわけではありません。買いサインの可能性がどんなに高くても、次の瞬間反発して大きく下げたり、徐々に売り圧力が回復していくことも十分に考られます。そのため、無理して大きなポジションを持たないなど、余裕を持ったポジションサイズの調整が必要です。
エントリーと同時に損切り位置も必ず設定しましょう。今回のケースを参考にするなら、下影陰線の安値が損切り位置になるでしょう。

ポイント

  • 大きな流れが上昇にあり、上値を何度も試しているとき、強い下影陰線がでたら、その後も上昇継続の可能性がある
  • 下影陰線が底値にでているかどうかは絶対条件ではない
  • レジスタンスラインを超えてきたら、その後一気に上昇する可能性がある
  • たとえ買いサインの可能性がどんなに高くても、万が一を考慮したポジションサイズに調整すること
  • 損切り位置は下影陰線の安値で設定しておく

チャートの画像

チャート画像は Meta Trader 4 から取得、必要に応じて編集しています。

変更履歴

2018年5月20日 記事構成の修正、見出しの設定、内容の書き直し
2018年5月23日 見出しの修正、売買サインにローソク足の画像を追加
2018年5月27日 チャート画像の差し替え

底値圏の下影陰線は買いサインの1つです。

チャートの値動き

チャートはユーロドル、4時間足から。広範囲のチャートはこちら
全体の流れとして、価格は下降に進み、底値を試す展開が続いた後、上昇に転じていることがわかります。
下影陽線は、底値を試すタイミングで出現しました(青色の箇所)。下影陽線の直前までは下降の流れにありましたが、下影陽線の出現後、流れは変わり上昇へと転じています。上昇に転じる途中、乱高下している場面もありますが、下影陽線の安値を割ることはありませんでした。
以上から、最初に流れは下降にありましたが、底値で下影陽線が出たことで流れが変わり、上昇に転じた、と読み取ることができます。

売買サイン

底値圏の下影陽線は買いサインの1つです。下影陽線が底値で確認できた場合は、相場の流れが変わり、その後上昇する可能性が高くなります。今回の下影陽線は実体がとても小さく、下ヒゲがとても長いため、特に強い買いのサインであったと捉えていいでしょう。
相場の流れが変わる前には、元の流れに戻る力もあるため、一時的に反発することがあります。今回も下影陽線のあと上昇しましたが、すぐに下降している場面もあります。ただし、結果的に買い勢力が勝って上昇したため、一時的な反発であったといえます。一般的に底値には強いサポートラインができますので(赤色の線)、一時的な反発があっても、買い勢力が最終的には勝ち、流れが上昇に転じることはよくあります。
下影陽線は、適切なタイミングで出現すれば信頼度は高いものです。下影陽線を確認するときは、現在底値かどうかを最初に判断しておくとよいでしょう。

メンタル対策

下影陽線を底値で観測することができたら、その後、大きな流れに乗って大きな利益を出せる可能性があります。
とはいえ、その後すぐに下降してきたら、自信をなくしてすぐにポジションを決済してしまうかもしれません。そうすると、その後やってくる大きな流れに乗れず、微々たる利益で終えてしまうこともあります。場合によってはマイナスになって不安になり見切り売りして損失額を確定してしまうこともあるでしょう。
相場の流れが変わるタイミングでは、買いと売りの攻防が繰り広げられるため、相当の時間が必要になることもあります。4時間足のチャートで見ている場合は、底値で下影陽線を観測したら、安値を割ることがない限り、その後の流れを落ち着いてみるということも必要でしょう。

損切り位置

相場に絶対はありませんので、下影陽線の後、100%上昇するとは限りません。相場が当初予測した方向性とは逆方向に進んだ場合は、容赦なくポジションを決済して、資金を守ることが必要です。
ポジションサイズを調整して余裕のある損切り位置も予め決めておけば、乱高下にも心が揺さぶられることはありません。今回のケースを参考にすれば、損切り位置は下影陽線の安値近辺になるでしょう。

ポイント

  • 下影陽線が底値近辺で出たら、その後、上昇する可能性が高い
  • 大きなポジションを持つと、途中の乱高下で精神的に耐えられないかもしれない
  • たとえ大きなチャンスであっても、無理のないポジションサイズを持つことが大事
  • 4時間足で下影陽線を観測できたら、安値を割ることがない限り、継続して様子をみてもよい
  • 損切り位置の目安は、下影陽線の安値になる

チャートの画像

チャート画像は Meta Trader 4 から取得、必要に応じて編集しています。

変更履歴

2018年5月20日 記事構成の修正、見出しの設定、内容の書き直し
2018年5月23日 見出しの修正、売買サインにローソク足の画像を追加
2018年5月27日 チャート画像の差し替え