底値圏で確認できる下影陰線は買いサインになります。

チャートの値動き

チャートはユーロドル、1分足。
全体の流れとして、最初に下降方向に進み、底値を試す展開があり、その後急激に上昇し、再度下降に向かっているのがわかります。
下影陰線は、底値を試す展開の中で出現しました。底値を試す展開では上下にぶれていますが、下影陰線の安値を割ることはありませんでした。
下影陰線が出現した後は、上昇に転じ、また下降に戻っています。
以上から、最初に流れは下降にありましたが、底値で下影陰線がでたことで流れが変わり、上昇に転じ、やや上がったところで下降に戻っていると読み取ることができます。

売買サイン

底値圏で出現する下影陰線は買いサインになります。下影陰線が底値で確認できた場合は、相場の流れが変わり、その後上昇する可能性が高くなります。今回の下影陰線は実体がとても小さく、下ヒゲがとても長いため、強い買いのサインと捉えていいでしょう。
下影陰線の後は、相場に対して上昇方向への圧力が加わります。それまで下降の流れにあったため、下降を打ち消すほどの強い圧力です。ただ、強い買いのサインではありますが、もともと相場は下降方向に動いていたため、その後相場が反転して長期的に上昇するとは限りません。下影陰線によってその後一時的な反発もありえるという判断が妥当です。また、1分足でのサインのため、流れは非常に変わりやすいことにも注意が必要です。
底値圏で下ヒゲの長い下影陰線を確認した場合は、その直後に売りポジションを持つことは控え、一時的な上昇に備えるか、一旦流れが元に戻るまで待機したほうが良いでしょう。

損切り位置

今回のケースを参考にすれば、損切り位置は下影陰線の安値近辺になります。

ポイント

  • 底値圏で確認できる下影陰線は買いのサインになる
  • 相場全体に下降圧力があるときは、底値圏で下影陰線がでても、一時的な上昇と捉える
  • 短い時間足でのスキャルピングでは有効だが、すぐに流れが元に戻ることも忘れてはいけない

チャートの画像

チャート画像は Meta Trader 4 から取得、必要に応じて編集しています。

底値で確認できる上十字は、買いサインとして有効です。

チャートの値動き

チャートはポンド円、日足。広範囲のチャートはこちら。上昇トレンドが発生し、チャートが三角保ち合いに入っています。
三角保ち合いゾーンの中で下値を試す展開となったとき、トレンドライン近辺で上十字を観測しました(青色の箇所)。
上十字の直前は価格は下降していましたが、上十字の出現後、価格はトレンドラインから離れて上昇方向に向かっています(1番目の赤色の矢印)。
上昇方向に向かった後は、再度下降しています(2番目の赤色の矢印)。
以上から、三角保ち合いゾーンの下値を試す展開で、上十字が出現したことで流れが変わり、上昇方向に進み、その後下降に進んだことがわかります。

売買サイン

底値圏で上十字が出現した場合、買いサインとなります。上十字が出現したら相場の流れが変わり、その後上昇する可能性が高くなります。
今回の上十字は実体が十分に小さく、下ヒゲが十分に長いものであるため、強い買いサインと捉えることができます。
三角保ち合いゾーンでは、価格は上値~下値にタッチしながら進みます。三角保ち合いの中で価格は永遠におさまることはなく、上値、下値のどこかで必ずブレイクアウトします。今回は下値に近づき、ブレイクアウトするかどうかという局面でしたが、トレンドラインに支えられるように底値圏で上十字を形成し、価格は上昇しました。
トレンドラインの底値圏で上十字という買いサインがでましたので、売りポジションは非推奨です。この時点で買い勢力は売り勢力より強いことがわかり、まだ下値を割る可能性は低いと判断できます。三角保ち合いゾーンの中で価格が上下しているときは、底値圏で形成されるローソク足を観測するとよいでしょう。
ただし、その後も上昇が続くとは限りません。チャートを見ると、その後上値に到達せず再度下降方向に入っています。あくまでも上十字が出た時点で下値を割る可能性が低いと判断するに留めて、その後上昇が上値まで続くかどうかは、状況に応じて判断が必要になります。少なくとも、ブレイクアウトするかどうかの判断に役立ちます。またチャートでは日足となっていますので、やや上昇といっても上昇幅はかなりのものがあります。値幅が十分にありますので、この時点ではブレイクアウトしない可能性を考えて買いポジションを持つことによって、十分な利益を得ることができます。

メンタル対策

三角保ち合いの上値近辺と下値近辺では相場が転換する傾向があり、転換点にあわせてポジションを形成することにより大きな利益が期待できます。
三角保ち合いは必ずブレイクアウトしますので、三角保ち合いの先頭に近づいてきたとき、勢いよく価格が下降して下値に近づいた場合、次はいよいよブレイクアウトするかもしれないと考えて、あせって売りのポジションをもってしまうことがあるかもしれません。それでうまくいけばよいのですが、何らかの売りサインを確認することもなく、イチかバチかでもったポジションは、多くの場合うまくいきません。そのポジションを持つだけの十分な根拠がないことは明白です。
三角保ち合いのときは、天井圏と底値圏でサインを見つけることを心がけるようにしましょう。シグナルの発生を待ち、常に冷静に観測することで、根拠のあるトレードができるようになります。根拠があるトレードを繰り返すことによって、自信がつき、イチかバチかの危ないトレードを控えるようになります。

損切り位置

上昇トレンドがでて、三角保ち合いで、底値圏で上十字の強い買いサイン。上昇の確率が高いからといって、資金を守るための対策をとらなくていいわけではありません。天井圏と底値圏で出現するローソク足のサインはトレードの助けになりますが、勝つ確率が高いというそれだけでは資金を守ることはできません。
資金を守る方法は、適切なポジションサイズの形成と、損切り位置をポジションのエントリーと同時に必ず設定することです。損切り位置をどこに設定するか悩むときは、多くのチャートを見たり、ローソク足の高値と安値に注目するとよいでしょう。今回のケースを参考にするならば、損切り位置は、上十字の安値近辺(トレンドライン近辺)がよいでしょう。

ポイント

  • チャートが三角保ち合いゾーンに入ったら、天井圏と底値圏のローソク足を観測すること
  • ローソク足は、天井圏と底値圏のどちらででたかによって、買いサインか売りサインかわかれる
  • 十分に強い買いサインが確認できたとしても、適切なポジションサイズをとること
  • 損切り位置の目安は、上十字の安値近辺(トレンドライン近辺)となる

チャートの画像

チャート画像は Meta Trader 4 から取得、必要に応じて編集しています。

変更履歴

2018年5月23日 見出しの修正、売買サインにローソク足の画像を追加
2018年5月27日 チャート画像の差し替え、売買サインに追記

底値圏の下影陰線は買いサインの1つです。

チャートの値動き

チャートはユーロドル、4時間足から。広範囲のチャートはこちら
全体の流れとして、価格は下降に進み、底値を試す展開が続いた後、上昇に転じていることがわかります。
下影陽線は、底値を試すタイミングで出現しました(青色の箇所)。下影陽線の直前までは下降の流れにありましたが、下影陽線の出現後、流れは変わり上昇へと転じています。上昇に転じる途中、乱高下している場面もありますが、下影陽線の安値を割ることはありませんでした。
以上から、最初に流れは下降にありましたが、底値で下影陽線が出たことで流れが変わり、上昇に転じた、と読み取ることができます。

売買サイン

底値圏の下影陽線は買いサインの1つです。下影陽線が底値で確認できた場合は、相場の流れが変わり、その後上昇する可能性が高くなります。今回の下影陽線は実体がとても小さく、下ヒゲがとても長いため、特に強い買いのサインであったと捉えていいでしょう。
相場の流れが変わる前には、元の流れに戻る力もあるため、一時的に反発することがあります。今回も下影陽線のあと上昇しましたが、すぐに下降している場面もあります。ただし、結果的に買い勢力が勝って上昇したため、一時的な反発であったといえます。一般的に底値には強いサポートラインができますので(赤色の線)、一時的な反発があっても、買い勢力が最終的には勝ち、流れが上昇に転じることはよくあります。
下影陽線は、適切なタイミングで出現すれば信頼度は高いものです。下影陽線を確認するときは、現在底値かどうかを最初に判断しておくとよいでしょう。

メンタル対策

下影陽線を底値で観測することができたら、その後、大きな流れに乗って大きな利益を出せる可能性があります。
とはいえ、その後すぐに下降してきたら、自信をなくしてすぐにポジションを決済してしまうかもしれません。そうすると、その後やってくる大きな流れに乗れず、微々たる利益で終えてしまうこともあります。場合によってはマイナスになって不安になり見切り売りして損失額を確定してしまうこともあるでしょう。
相場の流れが変わるタイミングでは、買いと売りの攻防が繰り広げられるため、相当の時間が必要になることもあります。4時間足のチャートで見ている場合は、底値で下影陽線を観測したら、安値を割ることがない限り、その後の流れを落ち着いてみるということも必要でしょう。

損切り位置

相場に絶対はありませんので、下影陽線の後、100%上昇するとは限りません。相場が当初予測した方向性とは逆方向に進んだ場合は、容赦なくポジションを決済して、資金を守ることが必要です。
ポジションサイズを調整して余裕のある損切り位置も予め決めておけば、乱高下にも心が揺さぶられることはありません。今回のケースを参考にすれば、損切り位置は下影陽線の安値近辺になるでしょう。

ポイント

  • 下影陽線が底値近辺で出たら、その後、上昇する可能性が高い
  • 大きなポジションを持つと、途中の乱高下で精神的に耐えられないかもしれない
  • たとえ大きなチャンスであっても、無理のないポジションサイズを持つことが大事
  • 4時間足で下影陽線を観測できたら、安値を割ることがない限り、継続して様子をみてもよい
  • 損切り位置の目安は、下影陽線の安値になる

チャートの画像

チャート画像は Meta Trader 4 から取得、必要に応じて編集しています。

変更履歴

2018年5月20日 記事構成の修正、見出しの設定、内容の書き直し
2018年5月23日 見出しの修正、売買サインにローソク足の画像を追加
2018年5月27日 チャート画像の差し替え