上影陰線・陰の大引け坊主は売りサインの1つです。

チャートの値動き

チャートはユーロドル、1分足。
最初はややレンジ状態が続き、連続した陽線がでて上昇したところで上影陰線が出現しました(1番目の青色の箇所)。その後連続した陰線に変わり、陰の大引け坊主が出現しました(2番目の青色の箇所)。
上影陰線の直前まではレンジからやや上昇に向かっていましたが、上影陰線の後は下降方向に向かっています。下降方向に向かっている過程の中で陰の大引け坊主が出現し、さらに下降方向へ価格は動いています。

売買サイン

天井圏の上影陰線は売りサインです。上影陰線を形成する前に価格がやや上昇過程にあります。直前のレンジ状態からみると、天井圏に近いともいえるでしょう。もっとも、さらに確認するならばより広範囲の時間でチャートを見ることも必要になりますが、今回は1分足のチャートですので、直前の値動きの範囲から一旦は天井圏と判断してもよいでしょう。さらに根拠を深めるには、より大きな時間足で全体の方向性やトレンドの確認を行ってください。

陰の大引け坊主は売りサインになります。今回は天井圏に近い位置での出現になりますが、その前にでていた上影陰線とあわせて考えると、より売り圧力が強まっていると判断できます。上影陰線だけでは一旦下降に転じると予測はできますが、直前のレンジ範囲の下値付近でとまってしまう可能性もありますが、陰の大引け坊主が出現したことで、売り勢力が優勢になっている局面と考えて、直前のレンジ範囲の下値を割って下降方向へ進む可能性が強いことを考慮できます。

以上の2つのローソク足をなぞることで、下降方向への圧力が強く、少なくともレンジ範囲の下値で保有ポジションの一部を決済するなどの対策を検討することができます。なお、今回は短い時間足のチャートで見ていますので、トレードスタイルはスキャルピングが適切です。短い時間足では局面がすぐに変わる場合もあります。1分足から根拠を探してポジションを持つときは、数秒から数分程度保有するようにしてください。

損切り位置

今回のケースを参考にすれば、上影陰線の高値近辺に損切り位置を設定するのがよいでしょう。また、陰の大引け坊主が出現した後は、陰の大引け坊主の高値近辺に逆指を設定することで、一部の利益を確保できます。

ポイント

  • 天井圏付近の上影陰線は売りサインとなる
  • 上影陰線の後に陰の大引け坊主が出現したら、売り圧力が強まっていると考える
  • 短い時間足を根拠にトレードするときは、保有ポジションを長時間に渡り持たない方がよい
  • 損切り位置を設定するのは当然だが、利益が残る範囲で逆指を設定するとよい

チャートの画像

チャート画像は Meta Trader 4 から取得、必要に応じて編集しています。

超陽の寄付き坊主のあと、超陰の大引け坊主が出現。急激に上昇し、急激に下降する極端な例です。

チャートの値動き

チャートはユーロドルの4時間足から。
先頭から見ると、上昇の流れにありながらやや下降に入ったところで、超陽の寄付き坊主が出現し、急激に価格が上昇しています。しかし、次の4時間足で超陰の大引け坊主が出現して、急激に価格は下降。急激に価格が上昇したものをすべて打ち消すほど下降しています。2つのローソク足で上昇と下降がみられ、プラスマイナスゼロとなっています。その後流れは下降方向に入っています。

売買サイン

陽の寄付き坊主、陰の大引け坊主は通常次のサインが期待できます。

今回のケースは非常に極端になりますが、急激に買い圧力が増大し、それがそのまま急激に売り圧力に転じたケースです。4時間足が2つあるので計8時間の中の出来事になりますが、ローソク足は非常に目立ち、超が付くほどの大幅な価格上昇と価格下降をみせています。

今回のケースはどのように捉えたらよいでしょうか。素直にローソク足のサインに従ってしまうと、非常に困難な状況を生み出しますから、そのままサインに従うことは控えた方がよいでしょう。ローソク足のサインはあるものの、そのローソク足の大きさが通常のサインと比べて異常すぎるのであれば、異常であることを早々に認めてしまうのがはやいです。異常な状況で発生したサインに従う必要はありません。このような価格幅が非常に大きな動きを見せる動きが連続した発生した場合、もしポジションを保有していたら一度手仕舞いして、しばらく状況を見てください。それが一番の最良策と考えてください。通常では考えられないほどの価格変動が発生した場合は、相場に理解できない異変が起こっていると理解し、様子を観る姿勢が必要です。

「山高ければ谷深し」「行き過ぎもまた相場」という格言が相場の世界には存在します。相場は生き物のため、このような予測不可能で急激な変化を生み出すこともあります。

そして、「待つことも仕事」という格言もあります。FX取引では待つのも取引の1つであり、それは高度なテクニックとして考えられています。

異常な相場は必ず修正されますから、状況をよく観察して待つことが重要です。相場には自浄作用がありますから、異常な相場は長くは続きません。急激な価格幅が発生した場合は、急激に戻ることもあります。事実、今回のケースではすぐに元に戻っています。こういった修正を待つことで、大きなリスクのある状況で戦うことを避けることができます。

今回は特殊なケースですが、FXには異常な相場が生み出されることもあります。そして、異常な相場もまた、相場です。

損切り位置

改めて、損切り位置の重要性について納得する必要があります。損切りを設定していなければ、このような通常は予測が難しい事態が発生したときに、被害をある程度食い止めることができます。もちろん運よく利益が乗っかることもあるかもしれませんが、それはただの偶然がもたらしただけであり、運に任せたFX取引は排除するべきです。損切り位置の目的は、損を最小限に防ぐことが主目的です。損小利大を実現するだけではなく、予測が困難な状況にも対応するための最後の防壁となります。いかなるトレードでも損切り位置は必ず設定しましょう。

ポイント

  • 異常な相場もまた、相場ということ
  • 「山高ければ谷深し」「行き過ぎもまた相場」であること
  • 「待つことも仕事」であること
  • 相場は生き物であり、予測が困難で突発的な価格変動が発生することがある
  • いかなる状況でさえ、損切り位置は必ず設定しておくことが望まれる

チャートの画像

チャート画像は Meta Trader 4 から取得、必要に応じて編集しています。

陽の丸坊主

陽の丸坊主は、大陽線の中でも特に大きく、ヒゲがないローソク足です。最初から最後まで価格が上がり続けたことを示すため、特に強い買いサインになります。

日本語表記:陽の丸坊主(ようのまるぼうず)
英語表記:whilte marubozu、marubozu bullish、marubozu full (bullish)、marubozu lines、green marubozu、long marubozu line

陰の丸坊主

陰の丸坊主は、大陰線の中でも特に大きく、ヒゲがないローソク足です。最初から最後まで価格が下がり続けたことを示すため、特に強い売りサインになります。

日本語表記:陰の丸坊主(いんのまるぼうず)
英語表記:black marubozu、marubozu bearish、marubozu full (bearish)、marubozu lines、red marubozu、long black marubozu line

陽の大引け坊主

陽の大引け坊主は、大陽線の中で、下ヒゲのみあるローソク足です。下ヒゲがあるため価格が一度下がっていることを示し、売り圧力があるのがわかります。しかし、最終的には全体を通して価格が十分に上がっており、「売り勢力<買い勢力」に転じ、買い優勢になったと読み取れます。底値圏で出現すれば、「売り勢力が弱まってきている=買い勢力が強まってきている」と判断でき、その後相場が反転上昇する可能性があります。陽線でのシグナルとなるため、陰の寄付き坊主と比べて、買いサインは強くなります。

日本語表記:陽の大引け坊主(ようのおおびけぼうず)

陰の寄付き坊主

陰の寄付き坊主は、大陰線の中で、下ヒゲのみあるローソク足です。全体的に価格が下がっているため、売り圧力が強く、買い圧力が弱い状態です。全体としては価格は下降傾向にありますが、下降した後に終値にかけて上がっているため、最後は買い圧力が売り圧力より強くなっていることがわかります。底値圏で出現すれば、「売り勢力が弱まってきている=買い勢力が強まってきている」と判断でき、その後相場が反転上昇する可能性があります。陰線でのシグナルとなるため、陽の大引け坊主と比べて、買いサインは弱くなります。

日本語表記:陰の寄付き坊主(いんのよりつきぼうず)

陽の寄付き坊主

陽の寄付き坊主は、大陽線の中で、上ヒゲのみあるローソク足です。全体的に価格が上がっているため、買い圧力が強く、売り圧力が弱い状態です。全体としては価格は上昇傾向にありますが、上昇した後に終値にかけて下がっているため、最後は売り圧力が買い圧力より強くなっていることがわかります。天井圏で出現すれば、「買い勢力が弱まってきている=売り勢力が強まってきている」と判断でき、その後相場が反転下降する可能性があります。陽線でのシグナルとなるため、陰の大引け坊主と比べて、売りサインは弱くなります。

日本語表記:陽の寄付き坊主(ようのよりつきぼうず)

陰の大引け坊主

陰の大引け坊主は、大陰線の中で、上ヒゲのみあるローソク足です。上ヒゲがあるため価格が一度上がっていることを示し、買い圧力があるのがわかります。しかし、最終的には全体を通して価格が十分に下がっており、「売り勢力>買い勢力」に転じ、売り優勢になったと読み取れます。天井圏で出現すれば、「売り勢力が強まってきている=買い勢力が弱まってきている」と判断でき、その後相場が反転下降する可能性があります。陰線でのシグナルとなる為、陽の寄付き坊主と比べて、売りサインは強くなります。

日本語表記:陰の大引け坊主(いんのおおびけぼうず)