大陰線の後は、下降が続きます。

チャートの値動き

チャートはユーロドル、1時間足から。
小陽線・小陰線を出しながら価格はやや上昇したところで、大陰線を出して一気に下降しました(1番目の青色の箇所)。その後、連続した小陽線、陰線などが現れて価格が落ち着いた矢先、もう一度大陰線を出して一気に下降しました(2番目の青色の箇所)。
全体的に小陽線と小陰線を出しながらやや上昇したところで、大陰線がでて一気に下げるという流れを確認できます。

売買サイン

大陰線は天井圏で出現すると大きな下降のサインとなります。大陰線のサイズは決まっていませんが、直前まででているローソク足と比べて、長さが特に大きいものが当てはまります。
天井圏の大陰線は大きなシグナルになりますが、天井圏ではなくても、大陰線後は売り圧力がしばらくは続くこともよくあります。今回の売買サインは、「大陰線を確認することができたら、その後下降になる傾向がある」ということがわかる例です。大陰線がでたら、次の数個程度のローソク足はしばらく売り圧力が継続する傾向が読み取れます。
必ずしもそうなるとは限らず、これだけで強い信頼が得られるサインではないものの、大陰線は売り圧力が非常に強いということを知ることができるローソク足であることは間違いありません。実際トレードに使用するには、全体の流れが下降トレンドにあるかどうかをチェックするとよいでしょう。下降トレンド、天井圏、大陰線と揃えば、非常に大きな売り優勢であり、その際の大陰線は大きなシグナルとして意味を持ちます。

損切り位置

今回のケースを参考にすれば、損切り位置は大陰線の高値近辺になります。

ポイント

  • 大陰線がでたらしばらくは売り圧力が続いて価格が下がる、というのはパターンとして読み取れる
  • ただし、大陰線だけで売買サインを判断することは信頼性に欠ける場面もある
  • そのため、下降トレンド、天井圏などをよく注意して、どこで大陰線がでたかを見るとよい
  • 損切り位置は大陰線の高値近辺となる

チャートの画像

チャート画像は Meta Trader 4 から取得、必要に応じて編集しています。

小陽線(陽のコマ・陽の極線)

小陽線は、特に小さい陽線のことをいいます。ヒゲがないもの、ヒゲがあるが短いものを含みます。ヒゲがある場合は実体の長さを上回らない程度が目安です。

小陽線は、価格の変動が低い時に現れます。価格差が小さいので、実体とヒゲが小さくなります。相場の方向感がなく、買いと売りが拮抗している状態です。レンジ相場やトレンドの勢いが弱まった時によく現れます。連続して出る場合は、トレンドが発生する前兆である可能性があり、買いと売りの拮抗が崩れるとどちらかに大きく動き出すことがあります。

小陽線は最終的に価格が上がっているとはいえ、価格の変動が低いため、単体だけでは買い・売りのサインを見ることはできず、様子見となりますのでサインはありません。他のローソク足と組み合わせてみたり、新しいローソク足が出るのを待った方がいいでしょう。

日本語表記:小陽線(しょうようせん)、コマ、陽のコマ(ようのこま)、極線(きわみせん)、陽の極線(ようのきわみせん)
英語表記:short white candlestick、short bulish candle、short line

小陰線(陰のコマ・陰の極線)

小陰線は、特に小さい陰線のことをいいます。ヒゲがないもの、ヒゲがあるが短いものを含みます。ヒゲがある場合は実体の長さを上回らない程度が目安です。

小陰線は、価格の変動が低い時に現れます。価格差が小さいので、実体とヒゲが小さくなります。相場の方向感がなく、買いと売りが拮抗している状態です。レンジ相場やトレンドの勢いが弱まった時によく現れます。連続して出る場合は、トレンドが発生する前兆である可能性があり、買いと売りの拮抗が崩れるとどちらかに大きく動き出すことがあります。

小陰線は最終的に価格が上がっているとはいえ、価格の変動が低いため、単体だけでは買い・売りのサインを見ることはできず、様子見となりますのでサインはありません。他のローソク足と組み合わせてみたり、新しいローソク足が出るのを待った方がいいでしょう。

日本語表記:小陰線(しょういんせん)、コマ、陰のコマ(いんのこま)、極線(きわみせん)、陰の極線(いんのきわみせん)
英語表記:short black candlestick、short bearish candle、short black line

大陽線

大陽線は、特に大きい陽線のことをいいます。価格の変動が高いときに現れます。価格差が大きく、実体が長くてヒゲが短いものをいいます。

大陽線は、最終的に価格が大きく上がっているため、買い圧力が強いことがわかり、買いサインの1つとして捉えられています。トレンド発生中、相場の反転中、サポートラインを超えた時に現れる傾向があります。天井圏に出現し、上値を超えて価格が更新されたときは強い買いサインになりますが、直後に大陰線がでて打ち消されることもあるため注意が必要です。底値圏に出現したときは、安値への反発の可能性があり、上昇への期待がかかり強い買いサインになります。

日本語表記:大陽線(だいようせん)
英語表記:big white candle、long white candle、long line、large positive line

大陰線

大陰線は、特に大きい陰線のことをいいます。価格の変動が高いときに現れます。価格差が大きく、実体が長くてヒゲが短いものをいいます。

大陰線は、最終的に価格が大きく下がっているため、売り圧力が強いことがわかり、売りサインの1つとして捉えられています。トレンド発生中、相場の反転中、レジスタンスラインを割った時に現れる傾向があります。底値圏に出現し、下値を割って価格が更新されたときは強い売りサインになりますが、直後に大陽線がでて打ち消されることもあるため注意が必要です。天井圏に出現したときは、高値への反発の可能性があり、下降への期待がかかり強い売りサインになります。

日本語表記:大陰線(だいいんせん)
英語表記:big black candle、long black candle、long black line、great shade line