FXで大金を稼ぐという意識は一切捨て、「お小遣い程度の額を少しずつ稼いでいく」という方針で取引をしている

(むっちゃん | 男性 | 50代 | 自営業 | FX歴約1年)

緊急にお金が必要になり、短時間で稼げるものはないかと考えた時に、FXに興味を持ちました。
FX会社が行っているキャッシュバックキャンペーンにも惹かれました。
キャンペーンで現金をもらうためには、口座開設後に実際に指定された量の取引をする必要があります。
FXの取引方法を書いたサイトを参考にしながら、とにかく取引の事実を作る必要があったため、頑張って試みてみました。
最初は怖くて、ポジションを持ってもすぐに決済をしていました。
何の知識もなく、ただチャートを見て「こういう動きをするのではないか」と勝手に判断して取引をしていましたから、当然ですが最初は負け続けました。
すぐに売買をしていたため、損失が出てもそこまで拡大はしませんでしたが、せっかく取引するなら多少なりとも利益を出したいと思うようになったのです。
そこでチャートの見方を勉強して取り組んだのですが、結局マイナスが重なる一方でプラスにはなりません。
円・アメリカドルで取引を行っていましたが、単純に円高か円安かの判断をするだけです。
簡単だと思っていたのですが、それは大きな勘違いでした。
チャート見方も間違っていました。
1分足や5分足など、短い時間のチャートばかりを追っていましたが、考えてみればこれでは相場のトレンドがわかりません。
1時間足や4時間足など、ある程度長い時間の価格推移を見る必要があったのです。
私は短い時間の値動きばかりに気を取られ、長期的なトレンドがどうなのかを全く意識していませんでした。
どうしても短時間の値動きが気になりますが、その気持ちを抑えて長期足で見るようにしていきました。
それだけでも勝率が上がって、多少利益が出るようになったのです。
ただ、FXをしてわかったのですが、損切りも難しいですが、利益確定も難しいということです。
もっと儲けようと考えて、プラスになっても利益確定せずにそのままにしておいた時に、価格が下がって結局損失を出したことがあります。
そういった反省も踏まえて、利益が出たらすぐに利益確定するという方針にしました。
小さな利益を積み重ねていくという方法です。
もちろんこれは根気が必要で、精神的にも疲れます。
ただ、FXは性格的に臆病な方がいいと思います。
自分が決めた損切ラインを何が何でも守ることが必要です。
FXはレバレッジがかかっていますから、利益が出る時はもの凄く出ますが、逆の目が出た時は大きな損失を被ります。
私はFXで大金を稼ぐという意識は一切捨てました。
FXに取り組む場合は「お小遣い程度の額を少しずつ稼いでいく」という方針にしています。
1万通貨単位での取引よりも、1000通貨単位での取引を行っています。
儲けるよりも「損をしない」という意識の方が強いです。
そして、たまにするギャンブルのように、損失が出ても諦めのつく額で取り組んでいます。
その方が感情に流されずに冷静に判断が出来ますし、この冷静さというのがFX取引においては最も大切なモチベーションだと思います。
焦って損失を取り戻そうとか、もっと利益を出してやろうとか思いがちの人は、かなりの確率で泥沼にはまっていきます。
むしろ、分析が好きとか、そういった客観的姿勢を保ちながら遊び感覚で行うくらいがちょうどいいと思います。