通勤時間などを使って勉強し、国内FXで小さな取引をしていたが、少ない元手でも大きな取引をしたいと考え、海外FXをはじめた

(G1トレーダー | 男性 | 30代 | 会社員 | FX歴8年)

FXと出会って約8年、私は普段一般的な企業に勤める会社員です。
趣味も特になく休日にはパチンコ・パチスロや競馬などと言ったギャンブルの王同ともいえる娯楽を堪能しては仕事に行くような生活を繰り返していました。
給料にも満足しておりギャンブルにもそこまでお金を費やしていなかったため貯金もそこそこにしておりました。
ある日会社の先輩からFXの話が出ました。その先輩はFXをしており結構儲かると言います。最初はふ~ん程度だったのですが話を聞いているうちに興味が沸き、次第にはじめてみようかなという気持ちに変わりました。
まずそれに先立ち勉強をしました。本屋に出向き胡散臭いタイトルの本はスルーし、初心者に優しそうな本を数点購入し、家や通勤時間などで勉強しました。
基本的なことは習得し早速某国内ブローカーにて口座を開設し、取引準備に掛かりました。ブローカーを選ぶ基準としてはスプレットがなどべく変動しなくて低スプレット、また約定力が強いという基準で探し、そのブローカーで口座開設となりました。当然ギャンブル含めFXも余剰資金でやることが基本なので元手は10万円としました。
デモトレードもやってみようかと思いましたが時間の無駄と思いヤメました。
やはりリアル口座を開設しいざ10万円を入金しパソコンの前に座ると緊張しました。このマウスによるポチポチで現金が動くのだから。
当時最高のレバレッジが50倍だったかな?覚えがないがたしかそれくらいでした。元手10万円ではたいした取引も出来ないので1万通貨でちょびちょびと取引を開始しました。
不思議なことに最初は数百円だが簡単に勝ててしまいました。こんな簡単に勝てるものなのかと感動したのも記憶に新しいです。
今思うとやはり入門したての方が余計な情報が頭にないので勝ちやすいのではないかと考えます。経験値が多くなればなるほど有利なこともありますが取引にいたってはあっちのテクニカルがこうだからとか、指標がこうだからなどといった様々な情報に踊らされて取引がうまく行かない気がします。それに加えやはり取引はシンプルイズベスト、これに尽きます。これで私は勝率が上がりました。
今の時代様々な情報、商材などがネット上にウヨウヨしています。これらの情報に踊らされることなく自らが確立した取引手法を愚直に続けることこそ勝利への1歩ではないだろうかと思います。またその取引手法がダメだった時は自分で修正を繰り返すことにより、さらに精度の高いものを作り上げていくことは可能であると考えております。
と、こんな偉そうな事を言っていますが私はそれが完全実施できなかったが故にその後負債を重ねていくことになっていきました。
そんな時毎回今度こそシンプルに行こうと考えてシンプルに取引をします。すると勝率は割かし高いのです。しかし何故かその手法を長期間継続してやることが出来ないのです。シンプルな取引でも当然負けることも多々あります。人間の心理上負けるとすぐに取り返したくなってしまいます。そして普段の手法と違った場所で闇雲にエントリーし負債を増やしてしまいます。もちろん勝って負債を減らせれることもありますがそれはごく僅かです。
上記のようなことがFXの王道負けパターンだと思います。
これにより負債は増えていきました。

最近国内ではレバレッジ規制が施行され最大レバレッジが25倍になりました。
たかだか25倍のレバレッジではある程度の元手がなければ取引が出来ないのが実情です。
そんな中ここ最近、海外のFXブローカーに目を向け口座を開設し取引をしています。
海外ではレバレッジ規制の影響はなく、なんと数百倍といった大きなレバレッジを掛けて取引をすることが出来ます。
つまり少ない元手で大きな取引が出来ることになります。当然意図せぬ方向に動けば一瞬でお金は消えてなくなりますが・・・しかしながら負債が増えている今現在ちまちまと取引をしていてもらちがあきません。
しかも海外ブローカーは入金ボーナスなどといった様々なボーナスを用意しているところが多く非常にありがたい特典です。
これを併用すれば少ない元手で大きな取引をして一気に負債を捲くる事も可能ではないのかと思っているのですがそんな甘くはないでしょうね。なんせ人間は欲望の塊なのですから。
メンタル面を鍛えるのもFXの世界では必要だと思います。それにより損切り等も適切に行えるようになりますからね。
また利確のタイミングも適切に判断し行うことができるでしょう。
約8年間FXをやってきましたがまだまだ勉強が足りないなと毎日実感します。

気付けばこの世界にどっぷり漬かってしまいました。
必ず負債は取り返します!