2017年6月に行われたイギリスの総選挙…殺人通貨と言われるポンド円で、選挙結果の前日からショートをナンピン、選挙速報が出た瞬間一気に250pips以上の下落となり、300万の利益を出した

(KS | 男性 | 30代 | 自営業 | FX歴2年1ヵ月)

私はFXを始めて約2年になります。その中で最も印象に残っているのは、2017年6月に行われたイギリスの総選挙です。皆さんご存知の通り、イギリスと言えばポンドです。殺人通貨と言われるくらい値動きが激しい通貨で、リスクがある反面、得られる利益も大きい。私はほとんどポンドを取引したことは無かったのですが、総選挙のときはチャンスだと考え、思い切って取引することに。
2017年4月にメイ首相が、解散総選挙を提案、議会承認で選挙となったのですが。選挙までの期間にメイ首相の支持率が低下、与党有利と見られていたものが、雲行き怪しくなっていきました。私は、それまで与党過半数だったものが、過半数維持できないのではないかと考え、選挙結果が出る前日6月8日から、海外口座にてポンド円ショートをナンピンで仕込んでおりました。選挙速報が出るのは日本時間6月9日午前6時とのこと。どうなることかと早起きして、ドキドキしながら待っていると・・・来ました一気に250pips以上の下落!1時間で300万の利益!その嬉しさで、緊張疲れも吹き飛び、利益確定後、即出金。最高でした。