ローソク足の種類(十字線・足長同事線・一本線)

十字線(同事線)

十字線は、実体の長さが短く横線のようになり、上ヒゲと下ヒゲがついているローソク足です。上図のように十字マークのようになります。

十字線は価格変動が低い場合に現れます。上下のヒゲが極端に短い場合は、一本線の性質と近くなります。

ヒゲがある状態で天井圏と底値圏で現れた場合は、相場の転換を暗示しています。買いと売りが拮抗していると考えられ、上昇中または下降中に現れたら、買い勢力と売り勢力の力が同等であり、相場の方向感がない状態です。その後の相場の流れはさらに「継続」(「加速」)するか、あるいは「反転」(「転換」)するか、どちらとも可能性があるため、注意が必要です。

日本語表記:十字線(じゅうじせん)、同事線(どうじせん)、同時線(どうじせん)、寄せ線(よせせん)
英語表記:doji、small doji、neutal-doji-candlestick

足長同事線

足長同事線は、十字線の上下のヒゲが長いものです。

十字線と同じ性質を持ち、買いと売りが拮抗している状態になります。上下のヒゲが長いのは価格幅が大きいためであり、買い勢力と売り勢力の攻防が激しいことが読み取れます。その後の相場の流れは「継続」(「加速」)あるいは「反転」(「転換」)が考えられます。買いと売りの双方の圧力が強いため、方向感が決まったら、その力が相場へ一気に転換され、その後急激に上昇・下降する可能性があります。

日本語表記:足長同事線(あしながどうじせん)、足長同時線(あしながどうじせん)、足長クロス(あしながくろす)、寄せ線(よせせん)
英語表記:long legged doji、long legged、rickshaw man

一本線

一本線は、実体を表す細い横線のみで、ヒゲがないローソク足です。価格変動がなく、四本値(始値・終値・安値・高値)がすべて同じ値になっています。

一本線は、買いと売りが拮抗していると考えることもできますが、単純に相場が閑散としているだけのこともあり、相場の出来高とあわせて読み取る必要があります。出来高が多く、天井圏と底値圏で出現した場合は相場の転換点になることもあります。

日本語表記:一本線(いっぽんせん)、四値同事線(よんねどうじせん)、四値同時線(よんねどうじせん)
英語表記:4 price、four price、four price doji