(タダシ | 男性 | 40代 | 会社員 | FX歴3か月)

私がFXに興味を持ったのは、銀行預金の利息があまりにも低い今の時代の資産運用について真剣に考え始めたことがきっかけでした。私は40代後半までお金のことには無頓着に生きていました。子供の頃、学校で「お金の増やし方」という授業はありませんでしたので、私はつい最近まで「お金は銀行に預けて貯金するのが一番」という、子供の頃に親に言われたことくらいしかお金の運用についての知識がありませんでした。しかし銀行に預けても今の超低金利時代では老後の蓄えも出来ません。つまり、とっくの前に「お金は銀行に預けていれば将来安泰」という時代は終わっていたのです。私がこのことに気づいたのが、平成も終わろうとしている今の時期でした。そしてそういう時代背景をはっきりと認識したときから私は株、FXなどの投資の勉強を始めました。まずは本屋(古本屋ですが)に行き、マネー関連の本が置いてあるコーナーで本を探してくることから始めました。いろいろと中身を読んでみますと、「投資をするにはまず種銭を貯めろ」と書いてある本がある一方、「現代は少ない資金で始められる投資も増えている」と書いている本もあり、自分なりの考えをまとめるのに時間が少しかかりましたが、最終的に一番魅力を感じたのがFXでした。1990年代の後半に世の中に登場したFXは、なんといっても世界市場とネットで24時間取引出来るのが魅力と思いました。私はサラリーマンですので、夜に投資運用の出来ることが時間的にも都合がよかったからです。また、レバレッジというFX独自の手法で、少ない資金で少々大きな取引が出来てしまうことも画期的だと感じました。そしてまずはどんな会社がネットから登録できるのかを調べることから始めました。その結果、DMMFXやSBIFXトレードなど、複数の会社があることを知りました。しかもサイトごとに初回入会時限定で、会社ごとに定められた取引を完了すればキャッシュバックがもらえることも知ったのです。つまり、慣れないうちに少々損失を出しても、キャッシュバック分でその損失を補えれば自分の懐を痛めることなくFXの勉強が出来るとも考えたのです。しかもモッピーやゲットマネーなどのお小遣いサイトを通して各FX会社に登録の申し込みをすれば、更にお得にキャッシュバックがもらえることも知りました。そしてDMMFXとSBIFXトレードに口座開設申し込みをし、実際に取引を始めてみました。最初はいわゆる「裁量トレード」で、自分の感覚で売りと買いを出してみたのですが、初心者ゆえ、チャートの動きに翻弄されてしまい、1時間で2,000円くらい負けた日もありました。その結果、「裁量トレードでは絶対に勝てない」ということを学び、自動取引が出来るFXの会社を探しました。それで探し当てたのがマネースクエアジャパンです。自動取引ですので、仕事中でも就寝中でも設定しておいたレートになれば勝手に取引が行われるこのやり方はサラリーマンの私には最適だと思いました。また、仕事中に頻繁に値動きのグラフなども見れないのもかえって都合がよく、昼休みや帰宅時の電車の中で取引状況を確認すると少額ながら利益が出た日が数日続き、「これは意外にいけるのでは?」と思い始めたのです。私は証拠金の入金も少なめでしかも1取引が完了して200円しか利益が出ない設定で自動取引行いましたが、それでもうまくいった日には1日で7~8回利益が出て、1,500円程度儲かった日もありました。結局初心者ながら2週間で7,300円ほど自動取引で儲けることが出来、一旦証拠金を出金してビギナーで行ったこの数日の取引を振り返りました。やってみて思ったのは、「損切設定は必ずしも必要か?」ということです。損切を設定していたために自分から利益放棄したようにも思いましたので、これについては今後再度取引を行う際にはじっくり考えたいと思ってます。

(むっちゃん | 男性 | 50代 | 自営業 | FX歴約1年)

緊急にお金が必要になり、短時間で稼げるものはないかと考えた時に、FXに興味を持ちました。
FX会社が行っているキャッシュバックキャンペーンにも惹かれました。
キャンペーンで現金をもらうためには、口座開設後に実際に指定された量の取引をする必要があります。
FXの取引方法を書いたサイトを参考にしながら、とにかく取引の事実を作る必要があったため、頑張って試みてみました。
最初は怖くて、ポジションを持ってもすぐに決済をしていました。
何の知識もなく、ただチャートを見て「こういう動きをするのではないか」と勝手に判断して取引をしていましたから、当然ですが最初は負け続けました。
すぐに売買をしていたため、損失が出てもそこまで拡大はしませんでしたが、せっかく取引するなら多少なりとも利益を出したいと思うようになったのです。
そこでチャートの見方を勉強して取り組んだのですが、結局マイナスが重なる一方でプラスにはなりません。
円・アメリカドルで取引を行っていましたが、単純に円高か円安かの判断をするだけです。
簡単だと思っていたのですが、それは大きな勘違いでした。
チャート見方も間違っていました。
1分足や5分足など、短い時間のチャートばかりを追っていましたが、考えてみればこれでは相場のトレンドがわかりません。
1時間足や4時間足など、ある程度長い時間の価格推移を見る必要があったのです。
私は短い時間の値動きばかりに気を取られ、長期的なトレンドがどうなのかを全く意識していませんでした。
どうしても短時間の値動きが気になりますが、その気持ちを抑えて長期足で見るようにしていきました。
それだけでも勝率が上がって、多少利益が出るようになったのです。
ただ、FXをしてわかったのですが、損切りも難しいですが、利益確定も難しいということです。
もっと儲けようと考えて、プラスになっても利益確定せずにそのままにしておいた時に、価格が下がって結局損失を出したことがあります。
そういった反省も踏まえて、利益が出たらすぐに利益確定するという方針にしました。
小さな利益を積み重ねていくという方法です。
もちろんこれは根気が必要で、精神的にも疲れます。
ただ、FXは性格的に臆病な方がいいと思います。
自分が決めた損切ラインを何が何でも守ることが必要です。
FXはレバレッジがかかっていますから、利益が出る時はもの凄く出ますが、逆の目が出た時は大きな損失を被ります。
私はFXで大金を稼ぐという意識は一切捨てました。
FXに取り組む場合は「お小遣い程度の額を少しずつ稼いでいく」という方針にしています。
1万通貨単位での取引よりも、1000通貨単位での取引を行っています。
儲けるよりも「損をしない」という意識の方が強いです。
そして、たまにするギャンブルのように、損失が出ても諦めのつく額で取り組んでいます。
その方が感情に流されずに冷静に判断が出来ますし、この冷静さというのがFX取引においては最も大切なモチベーションだと思います。
焦って損失を取り戻そうとか、もっと利益を出してやろうとか思いがちの人は、かなりの確率で泥沼にはまっていきます。
むしろ、分析が好きとか、そういった客観的姿勢を保ちながら遊び感覚で行うくらいがちょうどいいと思います。

(G1トレーダー | 男性 | 30代 | 会社員 | FX歴8年)

FXと出会って約8年、私は普段一般的な企業に勤める会社員です。
趣味も特になく休日にはパチンコ・パチスロや競馬などと言ったギャンブルの王同ともいえる娯楽を堪能しては仕事に行くような生活を繰り返していました。
給料にも満足しておりギャンブルにもそこまでお金を費やしていなかったため貯金もそこそこにしておりました。
ある日会社の先輩からFXの話が出ました。その先輩はFXをしており結構儲かると言います。最初はふ~ん程度だったのですが話を聞いているうちに興味が沸き、次第にはじめてみようかなという気持ちに変わりました。
まずそれに先立ち勉強をしました。本屋に出向き胡散臭いタイトルの本はスルーし、初心者に優しそうな本を数点購入し、家や通勤時間などで勉強しました。
基本的なことは習得し早速某国内ブローカーにて口座を開設し、取引準備に掛かりました。ブローカーを選ぶ基準としてはスプレットがなどべく変動しなくて低スプレット、また約定力が強いという基準で探し、そのブローカーで口座開設となりました。当然ギャンブル含めFXも余剰資金でやることが基本なので元手は10万円としました。
デモトレードもやってみようかと思いましたが時間の無駄と思いヤメました。
やはりリアル口座を開設しいざ10万円を入金しパソコンの前に座ると緊張しました。このマウスによるポチポチで現金が動くのだから。
当時最高のレバレッジが50倍だったかな?覚えがないがたしかそれくらいでした。元手10万円ではたいした取引も出来ないので1万通貨でちょびちょびと取引を開始しました。
不思議なことに最初は数百円だが簡単に勝ててしまいました。こんな簡単に勝てるものなのかと感動したのも記憶に新しいです。
今思うとやはり入門したての方が余計な情報が頭にないので勝ちやすいのではないかと考えます。経験値が多くなればなるほど有利なこともありますが取引にいたってはあっちのテクニカルがこうだからとか、指標がこうだからなどといった様々な情報に踊らされて取引がうまく行かない気がします。それに加えやはり取引はシンプルイズベスト、これに尽きます。これで私は勝率が上がりました。
今の時代様々な情報、商材などがネット上にウヨウヨしています。これらの情報に踊らされることなく自らが確立した取引手法を愚直に続けることこそ勝利への1歩ではないだろうかと思います。またその取引手法がダメだった時は自分で修正を繰り返すことにより、さらに精度の高いものを作り上げていくことは可能であると考えております。
と、こんな偉そうな事を言っていますが私はそれが完全実施できなかったが故にその後負債を重ねていくことになっていきました。
そんな時毎回今度こそシンプルに行こうと考えてシンプルに取引をします。すると勝率は割かし高いのです。しかし何故かその手法を長期間継続してやることが出来ないのです。シンプルな取引でも当然負けることも多々あります。人間の心理上負けるとすぐに取り返したくなってしまいます。そして普段の手法と違った場所で闇雲にエントリーし負債を増やしてしまいます。もちろん勝って負債を減らせれることもありますがそれはごく僅かです。
上記のようなことがFXの王道負けパターンだと思います。
これにより負債は増えていきました。

最近国内ではレバレッジ規制が施行され最大レバレッジが25倍になりました。
たかだか25倍のレバレッジではある程度の元手がなければ取引が出来ないのが実情です。
そんな中ここ最近、海外のFXブローカーに目を向け口座を開設し取引をしています。
海外ではレバレッジ規制の影響はなく、なんと数百倍といった大きなレバレッジを掛けて取引をすることが出来ます。
つまり少ない元手で大きな取引が出来ることになります。当然意図せぬ方向に動けば一瞬でお金は消えてなくなりますが・・・しかしながら負債が増えている今現在ちまちまと取引をしていてもらちがあきません。
しかも海外ブローカーは入金ボーナスなどといった様々なボーナスを用意しているところが多く非常にありがたい特典です。
これを併用すれば少ない元手で大きな取引をして一気に負債を捲くる事も可能ではないのかと思っているのですがそんな甘くはないでしょうね。なんせ人間は欲望の塊なのですから。
メンタル面を鍛えるのもFXの世界では必要だと思います。それにより損切り等も適切に行えるようになりますからね。
また利確のタイミングも適切に判断し行うことができるでしょう。
約8年間FXをやってきましたがまだまだ勉強が足りないなと毎日実感します。

気付けばこの世界にどっぷり漬かってしまいました。
必ず負債は取り返します!

(M | 男性 | 20代 | 派遣社員 | FX歴3ヶ月)

私はFXを始めて3ヶ月ほどです。
FXを始めようと思ったきっかけは少しの投資額でお金を稼ぐことができ、チャートの上がり下がりを見てFXに投資してみるのがおもしろそうに思ったからです。
ただ、FXに関してはあまり知識が無かったので、始めはネットなどから知識を集めてFXの動きや特徴を知ろうと思いました。
FXの用語は知らない言葉が多くて、最初はこの用語はどれを指しているのか分からないほどで、用語と実物のものを見て覚えていきました。
用語を少しづつ覚えていったのですが、FXを行うためにはFX口座をつくる必要があったので、口座をどこでつくろうか悩んでいました。
私は楽天銀行を利用していたこともあり、楽天銀行にはFX口座をつくることができるという内容を目にしたため、楽天銀行のFX口座をつくってFXを始めました。
FX口座をつくって最初はどのように利益が発生していくのか、FXの流れはどうなっているのか知るために、少ない金額から投資して様子を見ていこうと思いました。
始めは1万円の金額を元本にして、レバレッジも最低基準の2倍から始めたので、値が下がって損失が出てくることもありましたが、低く設定していたため20円や30円での損失だけになりました。
レバレッジをどれほど上げると投資金額が上昇するのか理解していくために徐々にレバレッジの数字を上げていき、その都度金額の向上を見ていきました。
様子見のときに投資していた通貨は香港ドルで行いました。
ただ、香港ドルではあまり上昇と下落ちの差が出てこないため、レバレッジを上げても損失も利益も少ない金額でした。
1週間ほどFXの内容を知るために少ない金額で投資しているとだんだんFXのコツが分かってきたように思えました。
FXのチャートでは1分という変動から日足の変動など大きく変動率をみることができます。
そのため、それらの動きを見てこれからこの通貨は下がる、もしくは上がるという判断をしていこうと思いました。
もし、間違えてしまっても通貨は常に変動して上昇と下落ちを続けるものとネットで言っていたことを信じて少し本気で利益を狙っていこうと思いました。
1万円から始めていましたが、1万円ではあまり大きく利益を狙うことができないと思い、3万円を追加して4万円の資金でFXで利益を狙おうと考えました。
レバレッジも最大の25倍から始めて、より多くの利益を狙おうと思いました。
FXは手法がいくつかあるので、自分はどれで始めようか悩んでいましたが、デイトレードが自分に合っていそうだと思ったので、この手法でFXを行おうと思いました。
ただ、少し怖さもあったので、損失を少なくするためにも変動率があまり動いていないものを選ぼうと思いました。
アメリカドルと円のチャートを見て、変動率があまり上下していなかったので、それを選んでFXから利益を得ようと思いました。
アメリカドルは下落ちの傾向があるとチャートとロウソクの動きから予想したので、売りで1000ドルを購入して動きを逐一見ていました。
しかし、予想に反してアメリカドルは上昇し続けていたので、300円ほど損失が出たところで決済をして損失を食い止めようと思いました。
300円ほどの損失なので、そのまま様子を見ても良かったのですが、デイトレードは1日の内に決済しておく方が良いと言うことだったので、毎日アメリカと円で売りと買いに投資していきました。
当たって利益が出た時もあれば、損失を出すこともありましたが、1ヶ月ほど経ったときには損失が大きく出ていました。
損失を取り戻したい私としては利益を狙うためにユーロと円で売りに3000ユーロを投資しました。
1日見ていて損失が出ていたので決済しようと思いましたが、そのときは決済を後回しにしており、用事があったこともあり決済を忘れてしまい翌日まで持ち越してしまいました。
すると翌日にユーロと円が下落ちしており、6000円ほどの利益が出たところで決済して、利益を得ることができました。
それから、FXをするときは売りの方が利益が出やすいと思い、売りに多く投資してFXをしています。

(KS | 男性 | 30代 | 自営業 | FX歴2年1ヵ月)

私はFXを始めて約2年になります。その中で最も印象に残っているのは、2017年6月に行われたイギリスの総選挙です。皆さんご存知の通り、イギリスと言えばポンドです。殺人通貨と言われるくらい値動きが激しい通貨で、リスクがある反面、得られる利益も大きい。私はほとんどポンドを取引したことは無かったのですが、総選挙のときはチャンスだと考え、思い切って取引することに。
2017年4月にメイ首相が、解散総選挙を提案、議会承認で選挙となったのですが。選挙までの期間にメイ首相の支持率が低下、与党有利と見られていたものが、雲行き怪しくなっていきました。私は、それまで与党過半数だったものが、過半数維持できないのではないかと考え、選挙結果が出る前日6月8日から、海外口座にてポンド円ショートをナンピンで仕込んでおりました。選挙速報が出るのは日本時間6月9日午前6時とのこと。どうなることかと早起きして、ドキドキしながら待っていると・・・来ました一気に250pips以上の下落!1時間で300万の利益!その嬉しさで、緊張疲れも吹き飛び、利益確定後、即出金。最高でした。

(アールエス | 男性 | 30代 | 会社員 | FX歴1年)

私は、不動産関連の会社員をやっています。月々の給料、ボーナスは私が業績をたいしてあげていないこともありましてあまりもらえていません。そこで、何か副業をしたいと思っていて、友達にFXを勧められました。最初は全く知識がないので大丈夫かかなり不安だったので少額しか投資しませんでした。そこから、本屋さんに行ってFX関連の本をたくさん買って勉強しました。そこでテレビのニュースなどでアメリカ関連のニュースは最近特にトランプ大統領になってからはよく目にしますし、北朝鮮関連などで政治に動きがありますので、あまり詳しくはありませんがビジネスにも影響があるのではないかと思いました。そして、ドルを中心に投資していこうと考えてある程度の利益を出すにはそこそこの軍資金を用意しないといけないので貯金を頑張りました。いろいろ知識をつけるために友達に聞いたり、ユーチューバーのラファエルさんがFX関連の動画を出していたので見て勉強しました。それから投資したら納得のいく利益に初めて届きました。

(makiko19 | 女性 | 40代 | パート主婦 | FX歴13年)

FXで儲けるためには損小利大で取引する事が一番大切だと言われています。ただ、頭では分かっていても行動できるかは別です。私自身もかなり悩みました。
長い事利益が出たらすぐに決済して、損ぎりはなかなかできない状況が続いていましたが、平均足を取り入れてから利益を伸ばせるようになりました。
トレーダーの間では平均足を使った手法はもう古いと聞きます。しかしながら、トレンドを把握できる最強のテクニカル分析だと思います。
移動平均線同様、チャートをひと目見て今、上昇トレンドなのか、下落トレンドなのか、分かります。
もちろん、平均足だけで取引しているわけではありません。移動平均線やボリンジャーバンドなど、他のテクニカルと組み合わせて、例えば、移動平均線が緩やかに上昇している時に陽線の平均足が現れたら買いポジションを、利益確定は陰線の平均足が現れた時と、簡単にルールを作れます。値頃感や感情でポジションを持ったり、決済する事を防いでくれるテクニカル分析です。

(m.o | 女性 | 50代 | パート | FX歴2年)

今は、やってませんが、ネット証券は、FXCMが一番使いやすかったです
そして、夜8:00がポンド 夜9:00がドルが狙い目です
ほんの数分間がとても活気があります
株と違って、買えない、売れないがなにので、必ずPCに張り付いている事
ちょっとでも上がったら儲けを確定する事
一日一度の取引をする事
最初成功したからってだらだらやっていたら、ほんと大変な目にあいます
一番は自分のルーティンをしっかり守る事です
そして、取引意外の時間は、まめにニュースや新聞を見る事
できればローカル新聞じゃなくて日本経済新聞がお勧めです
又、世界情勢を知るって、ほんとFXには大切です
いろいろFXに関するメルマガ有りますが、国内の物はあてになりません
できれば海外の投資家のものを呼んだ方が為になります
今は、グーグル翻訳があるので、読めます
FXCMは、電話の対応も良く、とても親切です
チャットはすこぶる見やすいです
お仲間とのコミュケーションもできます
やはり良い証券会社を選ぶ事は大切です

(あき | 男性 | 20代 | 会社員 | FX歴1年)

FXにおいては時折世界情勢に関する情報で思っていた方向と逆方向に動いてしまうことがあります。私も幾度となくそういう場面に遭遇してきました。最初は上手く対応できずに放置することが多かったのですが、ドテン買いまたはドテン売りをすることによってピンチをチャンスに変えることができました。ドテンというのは「途転」と書きますが、持っているポジションを決済し逆ポジションを持つことを指します。手法というほどのことでもないですが、頭の片隅にあると行動できるので知っておいて損はないです。実際に私は北朝鮮関連の情報で揺れる相場で当初の見立てを捨てドル円買いで入っていたポジションを売りに変更して利益を出しました。ドテン買いまたは売りの肝は自分の今までの決定を覆すことにあります。取引をしていると見立てが間違うことがあります。時間があれば修正をすることもできますが、世界情勢など大きな動きが出た場合考えて修正している時間がないため、即決しなければなりません。そこで役に立つのがドテンということです。ひとまず急所になるポジションを決済しその場の流れをみてポジションを構成するという行動は意外とその後の利益に繋がります。逆に手をこまねいていると余計なポジションや逆張りする心境を招くのでよくなったりします。即決即断のドテン買いor売り皆さんも試してみてはいかがでしょうか?

(シンジ | 男性 | 40代 | サラリーマン | FX歴5か月)

「FXのチャートは一定期間で同じレンジを数回行き来する」ということを重んじて取引をすばFXでそこそこいい成績を残せると書いてあるブログをネットサーフィンで私は見つけました。これについて5分足や10分足、30分足等条件を変えて過去の検証をしてみますと、まさにその通りだと私は学びました。昨今は自動取引で1日に何回も取引してコツコツ儲ける手法も流行りのようですが、私は「1日、もしくは数日に1回、確実に儲けを出していく」戦術を取りました。確かにコツコツと細かく利益を積み上げていく方法でも儲けは出るでしょうが、含み損が出ている間にさらされるストレスを考えた場合、自分には向かないと思いました。トランプ大統領が大統領になって以来、彼の発言で大きく相場が変動することもこれまでありました。しかしそれが逆に狙いで、その後いったん相場のレンジは戻ります。私はこういった現象を自分なりに判断し、これまで5か月で10,000円ほどFXで儲けました。