ローソク足

ローソク足を学ぶために必要な基礎知識と、ローソク足の応用パターンについて解説しています。

ローソク足は、価格の推移を1本のローソクと呼ばれる図で示します。ローソク足1本の中には4つの価格情報(始値・終値・安値・高値)が含まれており、ローソク足をチャートで表すと、過去の価格の推移が一目でわかります。ローソク足の読み方を知ることにより、誰でも値動き分析を行うことができるようになり、その後の価格の動向を予測しやすくなります。特定のタイミングで示されたいくつかのローソク足は、重要な売買シグナルとして活用することができ、買いサイン・売りサインの判別を容易にします。

1.ローソク足の基礎知識
ローソク足の基礎的な知識です。4つの価格情報、ローソクを構成する部品と各部の名称、価格の推移によって変化するローソク足の形成についての解説です。

2.ローソク足の基本形(陽線・陰線)

 
ローソク足の基本形となる陽線と陰線についての解説です。

3.ローソク足の種類(小陽線・小陰線・大陽線・大陰線)

 
ローソク足の価格推移によって、陽線と陰線は、小さいサイズから大きいサイズまで変化します。主に価格幅の大小によって分類されるローソク足の解説です。

4.ローソク足の種類(丸坊主・大引け・寄付き)

   
ローソク足の価格推移によっては、価格がどちらか一方に偏って推移することがあります。価格推移が偏ったローソク足は、買いサインと売りサインを明確に発するシグナルに変わります。

5.ローソク足の種類(下影陽線・下影陰線・上影陽線・上影陰線)


さらに買いと売りの攻防が激しくなり価格推移が偏ると、ローソク足は独特な形状を見せます。天井圏と底値圏のどちらに出現したかを注意する必要がでてきます。

6.ローソク足の種類(トンボ・上十字・トウバ・下十字)

究極に買いと売りの攻防が激しく、極端に価格が上と下に振り切れるとき、ローソク足は2本の線の組み合わせによって表示されます。売買サインの強さも非常に信頼性が高くなります。

7.ローソク足の種類(十字線・足長同事線・一本線)


買い勢力と売り勢力の力が同等になると、相場は方向感を失い、ローソク足は拮抗状態の模様をみせます。ここに「継続」または「反転」のチャンスがあります。

8.ローソク足のサインまとめ

ローソク足の一覧です。